蔦屋書店でみつけたESノート saki

Posted on 27 8月 2014 by

先月、代官山蔦屋書店に行ってきました。

何年も前からいきたいなぁと思ってたのでやっとです。

そこでの思い出はいろいろあるのですが、

今回はそちらで手にいれた新しいノートの話をしようと思います。

IMG_1450

私が今回、手に入れたのはESノート。

かの有名な文具雑誌、趣味の文具箱を発行している

エイ出版社がてがけておりますESノートでごさいます。

見た目は、素朴ではございますが、紙も製本も日本製で、180度パタリと開きます。

クリームがかった紙に点線で敷かれた方眼が入っているんですよ。

 

なんとなーく商品自体は知っていたのですが拝見したのは始めて。

おー、これはなかなか…ごくり。と期待して買ったら

予想以上の働きを見せてくれているのであります。

 

わたしもともと、今年はマークスのデイリー手帳、EDiTを使っていました。

初めてデイリーの日記を手に入れうきうき使っていたのですが

様々な理由によってサボり気味になってしまいました。

 

軽量化という意味では素晴らしいのですが、デイリーゆえの紙の薄さ

0.5ミリゲルボールペンでもおこる裏写り、

余計な情報(有名人の誕生日やデイリーページに食い込んでくるマンスリー)

そもそもデイリー向いてないんじゃないか疑惑なんかもあり

小さなことが重なって気になってしまったんですよね。

 

それで初心にかえって、日記は日付を気にせずノートに書こうと、

そんな気持ちになりました。

日記というよりもっと気軽に、毎日かいてもかかなくてもいい

文字でもイラストでもなんでも書き留めていこうと。

 

そこで相棒になるノート探しが始まりました。

大きさ、B6からA5くらい?持ち歩けるくらいの軽さがいいよね

365にこだわらなくてよくなったので軽量化はできそう。

(そういえばほぼ日手帳も今度分冊版が出るそうですね。

やはりカフェなんかで書き込みしたい方は、肩を痛めてらしたのかな。

今年のカバーがとてもかわいらしいのでカバーのみ購入しようか悩んでる所)

 

紙質、新しい万年筆とインクを手に入れたのもあって

裏抜けしにくい、やや厚みのあるタイプがいいかな?

無地ノートに下敷きを方眼にするか、目立たない方眼入りがいいね。

 

そんなことをふんわり思いながらしばらくノートを探してました。

MDノートを過去に使っていたので、候補になったのですが

どうせなら全く使ったことないノートでやってみたい!と思っていたのです。

そんな中で今回の旅でESノートを見つけました。

蔦屋書店にいったことと、東京のお出かけの事を書いてみました。

こんなかんじで、しばらく使っていこうと思います。

IMG_1459

IMG_1462

 

 

ちなみにMDノート(左)とESノート(右)の比較。ぜんぜん違う!

IMG_1508

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ