『スモーク』

Posted on 09 1月 2012 by

"SMOKE" DVDジャケット

映画と原作とごちゃ混ぜですが。

『スモーク』(1995年)

監督:ウェイン・ワン 原作:ポール・オースター

『まんまと罠にはまった私が、彼の話を信じたーーー大切なのはそのことだけだ。誰か一人でも信じる人間がいるかぎり、本当でない物語などありはしないのだ。』


映画版で言うと主人公は、便宜上オーギー・レンですが、全員主人公だと言ってもいいんじゃないかなあ。
タバコ屋のオーギー、作家のポール、オーギーの店に来てうだうだ話をしている常連さんたち、ラシード、その親父、本屋さんのエイプリル、オーギーの元カノのルビー、その娘、《彼》、そのばーちゃんでエセルばーちゃん。
何だったら、NY、ブルックリン、オーギーが愛した街角の一点、定点観測の対象、タバコ屋、その前の通りも。その前を通っていたひとたちも。ひっくるめて。

全員に(それこそ煙のような、あえかな)ドラマがあって、それを誰か一人でも信じる人間がいるかぎり、本当でない物語などありはしないのだろうな、と。

おまけ:映画『スモーク』の続編『ブルーインザフェイス』(3日で作ったという伝説の1作)から
マドンナの歌う電報配達人

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ