生き残ろうぜ!映画に学ぼうPart4@吸血鬼のいる世界

Posted on 15 10月 2014 by

日、友達が「『トワイライトシリーズ』を読んでるのー」と話してくれまして。
トワイライトシリーズ、「吸血鬼の設定が細かい」「世界観が〜」と話が広がり。
その流れから、えー、つい、うっかり、
「ギリシャにもいるんですってー」
「ギリシャの吸血鬼は『歌がヘタ』なんですってー。
そんで、それがバレて『お前、歌下手だな! さては吸血鬼だな!』と退治されたっていう昔話があるんですー」
という、何とも(ワタシが話すと、吸血鬼伝説でさえ)ソレとなく牧歌的になってしまったとか、ありまして。

えー、ワタシが聞いた(読んだ)吸血鬼関係オモシロいエピソードとしては(トランシルバニアだったと思うのですが)、吸血鬼が通りそうな道に豆をまいておくんだそうです。
吸血鬼、性格としてマジメで神経質なので、豆が気になって、ひとつひとつ拾います。すると、時間がかかって夜が明けて、太陽の光だー、きゃあああー と死んでしまうとか。
あと、なんだっけ(同じく東欧の吸血鬼だったと思うのですが)、死者が蘇っている系吸血鬼は、いわゆる動く死体なので、死後硬直していて身体が硬い。うごきがぎくしゃくしていたら、吸血鬼、と判断できる、とか。

先日、オモシロいニュースを読みまして。
コチラです>
「イギリスには1万5000人のヴァンパイアが存在する」と主張する博士が本格的調査に乗り出して話題

記事によると、吸血鬼たちは規律ある生活を送り、かつ彼らに血液を供給しているドナーも3万人いる、そうで。
誰かれかまわずに血を吸って良いワケではなく、『血を飲んでもいい人』が決まっている、とあり。
この研究をしているエミール ウィリアムズ博士は、吸血鬼たちのコミュニティやその他ライフスタイルなどを調べるために、彼らに対してアンケートを呼びかけているそうです。

イイ吸血鬼も、ワルい吸血鬼も! 生き残り方とか、共存するにしてもしないにしても、やはりお手軽に、楽しく、映画から学びたいじゃーないですか!
吸血鬼映画なんてコワくて見られない! そんなアナタにこそ読んでほしい!
そこで! 一年九か月ぶりの! 映画に学ぼう@ミも蓋もないシリーズ第4弾!『生き残る?共存する?吸血鬼のいる世界』
(何度も繰り返しますが、ワタシはこーゆーことばかりノートブックに書いている)

■初めに 吸血鬼と人間の見分け方
カンタンです。
・瞳の中に、さらに赤っぽい星のようなモノがキラリと光り、
・ちょっとキュートな存在感のある八重歯があるひと
が、(ほぼ)高い確率で吸血鬼です。

■まずは、吸血鬼になりたくない、人間でいたい向きに
・非社交的になりましょう。つまり、新しいひととは会わない。部屋にこもっていましょう。
・となりに越してきたひとが吸血鬼だよ! と言っても、まず信じてもらえません。なので、日頃から、家族、友人、ご近所との人間関係、信頼関係を築いておきましょう。
・繰り返しますが、となりにひとが越してきたら要注意。安易に家に呼んではいけません。おかあさんにもよく言っておきましょう。名前も教えないこと。
・不動産関係の仕事はしない。
・ヤツらはいきなりは血を吸いません。それなりに肉弾戦、フィジカルコンタクトをとってきた後で、えー、噛みつこうとします。最後は体力勝負なので、日頃から適度に運動をし、一定の体力をつけておきましょう。
・肝試し系の遊びには参加しないこと。これはもうぜったいのお約束。墓場での肝試しとか、教会やそういったトコロの地下室とか、だめぜったい。
・薄着のエイリアンにも要注意。吸血鬼は地球だけにいるワケではありません。(薄着、コレ、ポイント!)

■気をつけたいこと
・繰り返しますが。非社交的になる。新しいひととは会わない。転校生が来ても親しくならない。部屋にこもっていよう。
・サーカスで見た蜘蛛に一目惚れしても、盗まない。親友がその蜘蛛に噛まれたりしたら困るよ!(でも、コレ、映画、不評だったなあ…)
・運命のバアイもあります。記憶を失って教会の前に行き倒れていて、ソレ以降、モンスターハンターを勤めながら、教会でお世話になっていたりするなら、コレはもう受け入れるしかないんじゃないかなあ…(そのバアイ、オモシロい半俗半僧が相方につきます)
・強盗をしない。してもいいですが(だめですいけません)、警察を振り切るためにメキシコに逃げて、組織のひとと落ち合うクラブの選択には要注意。
・職業が映画関係だとしたら、吸血鬼映画には関わらない。カントクなら、そういう映画は撮らない。
・どんなに高価で歴史的価値があるように見える棺でも盗まない。犯罪ダメ。遺物館からなんて、もっての他。
・吸血鬼は十字架を嫌うのですが、あくまで嫌うだけで、持っていたら吸血鬼を退治できるというワケではないようです。
おまけに、その十字架も信仰が伴わないと効力を発揮しないようで。『身につけていればダイジョウブ!』ではありません。十字架、ニンニクなど、そういったものに頼らない。最後にはやはり体力勝負です。逃げ切るために気力と体力を保持しておきましょう。
・飛行機にも乗らない方がいいんじゃないかなあ。なんか、正体不明の火の玉にぶつかって不時着、で、ゴケなんとかが体内に入って、吸血鬼になってしまう? やー、アレ、ネーミングがもう、ね。
・ちょっと方向性が変わりますが、上記の「飛行機にも〜」、書いていて思い出しました。カビとキノコでいっぱいの無人島へ遭難しても、キノコは食べてはいけません。
・吸血鬼は、基本、トドメを刺されなければ『死ねない』ので、とても孤独なんだそうです。
えー、その辺りに同情して、かぷっ と噛まれる運命を選ぶ、というのもアリですが、なかなか、吸血鬼、噛まれた後も大変そうです。
血を吸われて同族となったとしても、お国柄や種族によって、その後がどうなるかは、違うらしく。
不死になったはずなのに、えー、老化始まっちゃったー! どうしよー! ハンサムじゃなくなっちゃうのやだわー! とか言い出されたり、うっかり小さい頃に吸血鬼になってしまって「なんであたし、オトナになれないのよ!」と自らの精神と外面のギャップに苦しむとか、ありますので。
えー、人生設計も踏まえた上で、噛まれる、噛まれないことを選びましょう。
ただ、ワイン醸造所を改築した研究所では、吸血鬼から人間に戻る方法が見つかっているそうです。吸血鬼にとってはちょっと苦しいようですが、えー、人間に戻れる、これはかなり大きな人生の選択肢になるかと思われます。
(やー、ちょっとワケありの翳りのあるオヤジ、いいですねー。ウィレムデフォーかっこいー♪)
ニューヨークでも、元軍人の科学者が研究をして血清を開発したとか。やー、ホントに。伝説、の名にふさわしく。

■吸血鬼になったとして気をつけたいこと
上記で、吸血鬼になるという選択肢もアリだと書きました。
でもちょっと待って、気をつけたい、気をつけてほしいこと。
・不死だけど、不死なだけで、それはそれとして、吸血鬼としての生活もフツーにあるのです。
人間の血を飲んで、バラを愛でて、古城で暮らす、というのは、ごくごく一部の、古き良き時代の東欧の吸血鬼くらいで、現代では、まずムリです。
吸血鬼の方がうっかり多くなってしまった世界では、フツーに、血液を手に入れるために(要は『食ってくために』)夜に『働いている』し、上司や野心家の同僚やらフライングしがちの弟に揉まれて、不死の存在だけどストレスを抱えて、胃を痛くしているような吸血鬼もいるのです。
・噛む人間にも注意が必要です。誰かれ構わず血を吸ってイイ訳ではないのです。噛もうとした人間が、狼男にすでに噛まれていた、という可能性もあります。噛もうとした人間が、うっかりハンガリーの伝説の不死者の子孫だったりしたら、もう自らの首を絞めるような事態に。
・吸血鬼は、狼、狼男を使役できるんだそうですが、それなりに親愛の情を持って接しましょう。あんまりにも、ケモノ、奴隷扱いすると、キレてしまって、反逆してきます。親愛の情、敬意、だいじ。愛娘が狼男と恋仲になっても、ブチ切れないくらいの多様性は持ちたいものです。
・約束は守りましょう。兄弟が、お互いを思い合っているのを踏みにじるような真似をしてはいけません。こーゆーのをこじらせると、後に千年を越えるインネンとなります。

■Notebookers 的おやくそく
「君はちょっと前にいったのを覚えているか?他人を傷つけない限り、俺たちはなにをしてもいいんだって、それは勉強不足というもんだ、どんな場合でも俺たちは選ぶことができるんだ、他人を傷つけるってことも選択肢の中に入っている、君がスイスナイフを握ったみたいにね、血をあげるか、無視するか、逃げるか、ナイフでは吸血鬼は死なないから、心臓に柊の杭を打ちこむか、もしドット(吸血鬼)が柊の杭を打ちこまれるのが嫌なら、彼は彼なりに選ぶわけだ、抵抗の方法をね、そうやって延々と抵抗はつづくのさ、わかったかい?リチャード、他人を傷つけないなんて坊さんみたいにみっともない台詞だってことわかった?」

吸血鬼メモ

こういうコトばっかり書いているワケです。

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ