モレスキンにインクをぶっかける勇気をきみに mikiko

Posted on 16 1月 2015 by

ノートとはなんでしょう。

紙を同じ大きさに截断して、ばらけなようにしてとめたもの。

 

ただのまとめた紙。ノートの定義はそれです。
書くためのもの?
描くもの?
貼る?
切る?
ほかにも、できることはあるんじゃないか?
NOTE BOOKERSの記事だったか、Twitterだったかで……すいません失念しました。塩をノートにまいて水を含ませて紙質を変化させている方がいらっしゃいまして。
「塩の結晶がでてきた」とかいてあるのをみて、とてもうらやましく思った。
そして、やっちゃいけないことをやっちまおうぜ!というような(これも元ネタ失念)記事を誰か書かれてませんでしたっけ?海外の書籍の内容紹介だったような。。
そこに書かれてあったものの断片は、たしかこんなかんじ。
ノートを埋める。
珈琲をうっかりノートに零す。
シャワー室に一緒に持っていく。
海に置き去りにする。
一度は、なにか試してみたいと思っていたのです。
用意したのは、モレスキンとインクとスポイトと、思い切りのよさ。
IMG_0505
IMG_0501
IMG_0506
ひとつ、気になることが。
わたし、モレスキンは年に一冊をかいます。ライフログとして使うのです。
小さめの雑記帳がほしいときも買いますが、こちらは使い切ってから購入。
年に一冊のモレスキンは、ログだから文字を書きたいんですよね。箇所によってはインクが濃すぎて「あ、しくったかな」というような書きづらいページもあるんですが、それはその時でいいよね。うん、そういうことにしよう。
このモレスキンはまだ、カスタマイズの余地ありなので、次はどうしましょうかね。
お気づきの方もいらっしゃるでしょうが。
これの横で、紅茶染めなんかもしてました。

Name:
Profile: mikikoといいます。 Twitter(mokiki_3 ) モレスキンにはまる→書くペンにはまる→書くノートを模索してトラベラーズノートにハマる→トラベラーズノートのカスタマイズにはまる→カスタマイズ自体にはまる→手帳に付属するペンさしにハマる→ペンじゃなく万年筆にハマる→万年筆に入れるインクにハマる→万年筆が裏抜しない手帳にハマる。 モレスキンってなあに? という私が辿った道です。 よろしくお願いします。

  • インクのぶっかけ、かわいいですね。ポスタルコのドリッピングしたノートブック愛用しています。またジャクソン・ポロックの絵画も大好き☆

    • mikiko

      ふふふふ。用語がわからなくて、思わずググりました。いいですね、もっとぶっかけりゃよかったやもと、思い直してしまいました。笑

  • konama

    実は先日万年筆のインク漏れで意図せずにインクぶっかけしてしまいました。
    初対面の方にインタビューしようというまさにその時に暴発。テンパってノートを閉めたため、さらにロールシャッハみたいなことに…。
    その部分は飛ばして使っていましたが、この話を読んで、違う色の万年筆で書いたら結構いいかもという気がしてきました。ありがとうございます。

  • mikiko

    失敗は、新たな発見!ってことで。仕事で万年筆つかうのは憧れなのですが…そうか、暴発。そんなこともあるんですね。

  • Pingback: ライフログをつける意味を考えてみる1 | Notebookers.jp()

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ