Categorized | Think, 世界の果て

4年目〜 N is for Notebookers

Posted on 22 1月 2015 by

Notebookers.jp、はや四年目を迎えまして。
四年、というと、ワールドカップが1回回ってくる時間なんだなあ。
や、次の一年、また、なにを得てなにを失い、それぞれの向かうところ、流れ着くところ、楽しみですね。

2014年の今日は、こういう記事を書きました。>3年目〜『ぼくは覚えている』Notebookers版
今年はこの2014年度版を。
今回は『ノートブックを書くこと』そのものに対して(と、それ以外も入っていますが)、ワタシがオモシロいなあと思った記事を選んでみました。

◆◆◆ ◇ ◆◆◆ ◇ ◆◆◆

ぼくは覚えている、ノートブックを最初に使う時、なにを書いて、なにをするのか

ぼくは覚えている、触れることができる、熱を持って書かれたノートブックたち

ぼくは覚えている、ノートブックを書く、ということ

ぼくは覚えている、これもまた、ノートブックに触れる、ということ

ぼくは覚えている、Notebookersの内側の一部

ぼくは覚えている、Notebookersの内側の一部 その2

ぼくは覚えている、『ノートブックと遊ぶ』って、こういうことなんだろうな、と思ったこと

ぼくは覚えている、ガイドブックを持たない旅

ぼくは覚えている、「説明はできないんだけど、何となく」な感覚を大切にすること

ぼくは覚えている、ノートブックをカスタムすること

ぼくは覚えている、旅先からの “I AM HERE”

ぼくは覚えている、2014年の旅とノートブック

2015年も、このNotebookers.JP、流れて、広がって、変化して、なんだかよくわからないものになっていきますように。

おまけ:
ワタシはやっぱりこの記事好きなの。

実物はもっと傷だらけで。

せらの雑トラベラーズ

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ