お気楽日記のすすめ

Posted on 30 1月 2015 by

はじめまして、ぱとです。

この度notebokkers.jpの仲間入りをさせていただくことになりました。

よろしくお願いします。

 

私のノート、手帳歴は長く、

システム手帳、キャラクターものの手帳、ジャポニカ学習帳、トラベラーズノート、ほぼ日、

いろいろなものに手を出しては途中で挫折するというのを何年も続けてきました。

マンスリーやウイークリーの手帳は、

普段は普通の会社勤めで、毎日何かスケジュール表に書き込むほどの予定はなく、

1日1ページあてがわれる手帳だと最初のうちはのりのりでモリモリ書くのですが

1ヶ月もすると空白のページが目立ち出し、

楽しかったはずの手帳を書くという作業がいつしかノルマに代わり苦痛になりやめてしまうのです。

 

でもそんな私がこのところ楽しく続いているのが

「テキトーお気楽日記」

使っているのはモレスキン無地のポケットサイズのノートです。

全くの無地なので1日1ページ書かなくてはいけないという変なプレッシャーもなく、

描かない日があっても罪悪感を感じることなく、

ノリノリの日は4ページ、5ページと好きなだけ書き続けることができます。

ポケットサイズなので気が向いたときにさっとバッグから取り出し、

ちゃっと書いてさっとしまうこともできます。

 

何を書くか。

なんでもいいです。

私は日付、曜日、天気。

朝ごはんになに食べたかをまず書きます。

そこから気分が乗ってくる日は今日やりたいことや

気づいたこと、読んでいる本、感動したこと、嬉しかったこと、

明日やりたいこと、買いたいもの、欲しいもの、今日頑張ったことなどなど

気が向くままに書きます。誰に見せるわけでもないのでなんでもありです。

子供に見せるとこわくて泣いてしまいそうなくらい下手くそなイラストを入れたり

色を塗ったりするのも楽しいです。

買い物のレシートを貼る、貼るのがめんどくさかったら挟むだけ。

私の場合、凝りすぎるとあきるのでほどほどに。

気分が乗らないときは日付天気だけで終わります。それすらかかない日もあります。

それでもいーんです。

2015-01-27 20.38.14 copy

ノートを書き続ける理由

それは読み返す楽しみです。

人って、最近の出来事でも結構忘れるものです。

そーだ、そんなことがあったなあ、とノートを読み返して懐かしく思ったり、

よく頑張ったなあ、私、とか。

いろいろ悩んでいたことの頃のノートを読むと

なんであんなことに悩んでたんだろうとか、

これからちょっと困難なことがあってもなんか乗り切っていけそうな気になったり。

何も記録がないと、過去の一日は365日の中のただの一日ですが、何か一言でも書いてあると

確かにこの日私はこんなことをしていた、毎日が特別な一日で、

そんな一日一日が積み重なって今日をすごしている、

って、なんか充実感も湧いてきます。

 

あとは、ちょっとしたセラピー効果もある気がします。

思ったことをひたすら文字にしてみると意外に、そうか、そうだよなあ、とか

新しい気づきがあったりで、心の棚卸みたいな感じですっきりするんです。

 

このサイトにいらっしゃる方はもう既に手帳やノートを活用されている方が多いと思いますが、

もしまだどうしようかなあ、と悩んでいる方がいらっしゃいましたら

まずテキトーに好きなことを書いてみる を騙されたと思って試してみてください。

本当に騙されたらすみません。

 

Name:
Profile: 横浜市在住の会社員。趣味:文房具屋徘徊 特技:三日坊主 苦手なこと:貯金

  • 味のあるイラストレーション!
    裏側のページで裏うつりするイラストも何かよい感じですね~
    ほかにもたくさんNotebookersで見せてくださいませ

    • Guest

      タカヤさん、コメントありがとうございます!

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ