Categorized | Recommend

「具出谷さん」、それはありふれた幸せを模索する平凡な学生のノートブックから生まれた。

Posted on 11 2月 2015 by

※あくまで架空の人物です

よく手帳に描いてる「具出谷さん」。改めて(?)その生態に迫りたいと思います。

まずはどうでもいいですが、久々にマスキングテープを買いました。

 

20150209_190014~2

 

クリップに巻いてみると、「クマが こっちを 見ている」的なテキストが脳内に浮かんできました。嘘ですけど。

 

20150209_220135~2

具出谷さんは、私の手帳にたびたび登場するキャラクターです。

文具メーカーの企画部に勤務し、年齢は25。ボブヘアーでメガネをかけることもあります。

1日のスケジュールから普段の様子を書いてみると、なんか面白くなってきました。写真はその時のメモ書き。

20150209_185622~2・オタク要素が若干残っており、会話やメッセージに2ちゃんねる用語が入る。顔文字は使わない

・男性からの「休みの日は何してる?」への適当な答えが未だ分からない

・人付き合いは得意ではない。が、職場の飲み会は参加する。コミュ力は保ちつつ、他部署間のパイプ役を担う。大人しめだが隠れモテ要素を持つ。マウンティング上等!な女子には目の敵にされそう

・中学~高校の「アニメのイケメンに恋してた」時代を黒歴史として自虐ネタに落とし込むセンスを持ち、素のまま感にウケがありそう

・おひとり様に抵抗感はないが、長時間ファミレスにいるのは苦手。というより家族連れが集まる場所には近づかない

・仕事はそこそこ好き。苦悩やピンチが多いほど燃え上がる。恋愛は理想が高いことを悟られないように、好きなタイプは「誠実な人」が公式。

キャッチコピー(?)は、「二次元を辿り、直感や感性を大事にしながら現状と向き合うクリエイター女子」。理想と現実を両極端にとらえず、現実を見据えながらそれでも理想を取り入れようとひたむきに努力する女子です。

具出谷さんは2年前、1日1ページ手帳「EDIT」を使い始めてから登場し、そこから徐々にキャラクターが定着しました。

なんかインパクトのある記事書きたいなーということで、勝手に生態を書いてみました。ここまで読んでくださった方は天才か…

それでは、今日はこの辺で。

おやすみなさい。

 

2015/02/09

Name:
Profile: しっくりくるコピーが見つからない

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ