Categorized | Moleskine, Travel, 世界の果て

春だ ふね

Posted on 14 3月 2015 by

ひどい風邪から回復して、ようやく街に出られた。

つくづく歌手じゃなくてよかったなあと思うくらい、喉があまり強くないのでちょっとした気温の変化ですぐに喉が痛くなるし、風邪引いた時は大体喉が腫れて、最後の最後まで喉が治らない。

そんなことをぶつくさ前に言っていたら、歌手のご夫婦がひどい喉の症状にも絶対効く!と教えてくれたハチミツ。ビンを開けると「・・・くっさー!」と、そうだあれ、正露丸に近い匂いがぶあっと襲ってくる。小さいスプーンにすくったハチミツを1日2,3回直に飲む。

前にこれで喉が治ったので、元気になったけれどもまだ喉がごろごろする本日、トラムに乗って買ってきた。

tram33

 

普段はどこでも地下鉄と徒歩で動き回ってしまうのだけど、今日はまだ病み上がりだったので、トラムに。ちょっと写真が暗いけど、日本の電車みたいに横に並んで座る古いタイプのトラム。大きくてきれいな新型トラムよりこっちのが好き。ガタガタとすごい音がするのもまたいい。

ミラノの街中には住んでいないので、トラムやバスは詳しくはないのだけど、今日のった33番はつい最近意外と自分がよく行く場所と場所がつながっていると気が付いて、乗るようになったトラム。最初の頃は、全然トラムの番号が覚えられなくて、家であらかじめ行く場所の近くのトラムやバスの番号を調べてメモしていた。だって、1番とか2番とかだけじゃなくて、27番だ33番だ、94番のバスだって、なんでそんなに色々あるのって感じなのだもの。

トラムからのんびり外見てると、ああ春だ、もう冬の一番厚いコートで日中は歩けないって感じの温かい空気に眠くなってくるけれども、イタリア、スリ多いから絶対公共の乗り物でうたた寝できない。目、開いてても疲れてぼーっとしてるなっていう時は、ともかくカバンを抱きかかえるようにして座ってる。トラムより地下鉄に乗ってる時は、もっと警戒してる。

 

さて、春だといえば、今年の復活祭Pasquaは4月のあたまです。復活祭のお祭りは日曜日なのだけど、次の月曜日もPasquetta(小復活祭?と言えばいいのかな)と呼ばれて祝日。たいていはいいお天気のことが多いそうで、家族や友達とピクニックとかバーベキューなんてことする人が多い日。復活祭が来れば、本当に春。(ただここのところ、春が来るのが遅くてずっとコート着てたらある日を境に突然夏になんてこともあるからなあ・・・)

重たい冬のコートを脱ぎ捨てて、来月ちょっとした旅に出る予定。

note

 

美食の町…パルマ!

前からずっと行ってみたかったのだけど、かつて住んでいた町からは、電車の乗り継ぎがめんどくさかったりで諦めていたのよね。今は、普通の電車でも1時間半とかで行かれるので、楽しみ。大聖堂が大好きなロマネスク建築なのも楽しみ。あー、ノートにいっぱい予習して行くぞー。

 

Name:
Profile: ピザのおいしい国でピアノを弾いています。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ