Categorized | Other Stationery

渡り鳥とブックカバー テツヤ

Posted on 06 5月 2015 by

2015年5月6日
ゴールデンウィークはカレンダー通りのお休みを頂戴しているのに、どこにゆくでもなく家の周りをウロウロして過ごしています。明日、明後日と会社ですが、身体がついて行けるか心配です。
家の周りのウロウロの中に、今年はバードウォッチングが含まれています。今の時期はシギやチドリといった渡り鳥が、東南アジアやオーストラリアからシベリア東部へ移動する途中、チョット休憩に日本各地に立ち寄っているので、干潟の鳥を見る「ハイシーズン」です。干潟でカニやゴカイを啄んでいる鳥を見ながら、片道1万キロの旅を想像したりしています。大形の鳥は無着陸で、小形の鳥は島伝いに来るそうです。でも信じられますか?鳥の渡りを信じないほど、疑い深くもないのですが、我が家に”証拠”がありました。
IMG_4144_e

以前、インドネシアで作ってもらったバティックのブックカバー。いくつかのデザインの中に、鳥が船に留まっているものがありました。足が長く、前傾の姿勢はシギチそのもの。やっぱりインドネシアからあの子たちは飛んできているんだ、と納得です。
もうすぐ繁殖地の北に向かって飛び立ちますが、9月には戻ってくるので、案外気忙しい旅のような気もします。盛夏シーズンがオフになるのも、干潟バードウォッチングのいいところです。

Name:
Profile: 最後のページまで使い切ることなく埋もれてゆくノートは数知れず、これは悪筆と絵心のなさが原因だと、心の中で言い訳を繰り返してきました。 Twitterアカウントは@Tetsuya_sunang を使っています。後半は、以前訊ねたことのあるお国の言葉から拝借してきていますが、検索に引っかからないように、わざと綴りを間違えています。でも気持ちはいつも senang!!です。 よろしくお願いします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ