5月〜神戸@ナガサワ文具センター(ひとり)祭り

Posted on 27 5月 2015 by

月17日(日)、ナガサワ文具センター神戸煉瓦倉庫店でペンクリニックへ行ってきました。
そこから続く、ナガサワ文具センターひとり祭りレポートです。

最近(というか、ワタシはずっと)万年筆のインクの減りが早く、「もうなくなったの…」と、出先で何度もペン先を見つめて力なくつぶやいてまして。
それで「そーか、もう1本、使っていないのがあるから、それに同じブルーグレイを入れて使えばいいんだ」と思いつきました。コチラで作ったものです。コレ、ペン先がひっかかるようなカンジがして、それで使ってなかったんだ、そーか、じゃあ、ペンクリ、次はいつかな、あー、週末かー、じゃー、行こう、と。

神戸煉瓦倉庫店ペンクリニック、開始が10時でして。
ワタシが神戸駅に着いたのが11時少し前。
(神戸駅から煉瓦倉庫店まで、もちろん迷子になったのですが、距離としては本当にほんの少しの距離なので、迷子レポート、今回は書いても、とくにオモシロい話もないため割愛割愛)
人いっぱいだろーなー、どのくらい待つのかなーと思っていたら、8番目でした。
順番としては、今、見ているひとの次。
倉庫店内をウロウロしていました。やー、本当に。

欲しいモノがたくさん。

革細工の小物入れ、ペンケース、コインケース、赤い革いいなあ、革小物は赤で揃えたい。
いいなあ、この上品な艶、赤。

とか。

鷲掴みにして買い込みたいポストカード、足元の方にも素敵なカードがたくさんあって、屈み込んで覗き込んで。
なんだか、こう、お客のする姿勢じゃないんじゃないか不審人物っぽいよねワタシ(ドロボーが下見しているみたいだ)。

とか、ありまして。

順番が来て、長原先生に見て頂きました。
ワタシは。
ご存知の方はご存知なのですが、先生のペンクリニック歴で、ひとつのレジェンドを作った者でして。
「(万年筆に対して)そんなコトをした人は、今まで見たことがナイ」
と言われたくらいの前科がありまして、顔を覚えて頂いているのですが。

今回は、その前科有りの万年筆ではなく、ナガサワオリジナルの万年筆を調整して頂きました。
ちょっと引っかかるカンジがしたのですが、「先がずれている」とのことで、ほんっとに軽く書きやすくして頂きました。

そして、ひとつ質問してきました。
「カートリッジの寿命って、どのくらいですか」
と伺いまして。
「特にはないけど、カートリッジが短く、縮んだ感じになったら、水分が蒸発して、インクの粘度が高くなってきているから、そうなったものは使わない方がいい」
と、ここまで聞いて、ワタシ、カートリッジとコンバータを間違えていることに気付きました。
(間違えてました)
「こ、コンバータの方の寿命は…」
「コンバータは、寿命はあんまり気にしなくていい。ただ、ペン先を洗う時、コンバータも一緒に水を通すこと。どうしても紙の粉がコンバータに溜まって、詰まってくるから洗うのは大切。年に二回くらい、ボーナスが出たら洗いなさい」
とのことでした。

ペン先を乾かす時のコツも教えて頂きました。
ペン先を洗ったら、ティッシュで拭いて、それでも残った水分が気になったら、ペン先をティッシュでつつんで、それを手の平に握り込んで、胸の前のあたりで、軽く振る。そのくらいでいいそうです。
(胸の前あたりで振る、というのは、もし、ふつーに無造作に振って、水分とインクが残っていたらエラいことになるから、とおっしゃっていました)

先日、亡くなられた長原宣義先生も「ペン先は、盆と正月に洗えばいいから」と言われていたのを思い出して、同じことをおっしゃってるなあ、と、ちょっと切なかったです。

調整して頂いて、お礼を言って失礼しました(先生の席の前を)。
煉瓦倉庫店、買い物再び、です。
赤い革製品からの流し目、トラベラーズノートブック@ブルーエディションのユウワク、などを振り切って、これだけでガマンしました。

煉瓦倉庫店で買ったもの

ワックスペーパー表紙のノートブックと黒メモとトランプ柄のカード2枚。ビビたるもので。はい。

それで。
このお会計の時に、レジの横に、真鍮製(と思われる)錨のペーパーウェイトがありまして。
その使い込まれ感が素晴らしく、イイ感じに変色していたりして、見入っていたトコロ。レジのおにーさんが
スタンプラリーをしていますので、期間も長いので、良かったら回って下さい」と、そのペーパーウェイトの下にあるリーフレットを頂きました。

この三店を回れば、ノートカバーを頂けるんだそうです。
1)大阪 NAGASAWA梅田茶屋町店
2)三宮の国際会館地下 La lettre de Kobe
3)NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店

まだ時間は12時前くらいでしたので、せっかくだし、今日はナガサワ散歩だ。
じゃー、次は三宮へ。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ちょうど、この17日(日)は、神戸まつりで、警備のひと?(警官?)が多く、駅構内にも、駅を出たトコロにもたくさんいました。
道路が歩行者天国になっていて、お店もたくさん出ていました。
(そして、そういう時でも写真を撮らないのがワタシだ)

よく晴れていましたが、風もあり、湿度も低かったので過ごしやすかったです。
そんで、La lettre de Kobe店へ。

…煉瓦倉庫店と、同じ『ナガサワ文具センター』なので、置いているものは同じだろう、ふふふ、もう(そんなに)買わないわよ、と思っていたのですが、品揃えがビミョウに違い、あ! こんなポストカードが! あ! こんなカードが!! 超このみ!! と、また買ってしまいました。
そして、やっぱり、トラベラーズノートブック、ブルーエディションがワタシに流し目をくれている。
品切れじゃないのか、なんであなた、そこにいるんだ。
そのユウワクを振り切ってレジへ。

「スタンプお願いしますー」とチラシを見せたところ、レジのおねーさんに「煉瓦倉庫店から歩いてきたんですか」と聞かれて話が広がりまして。
「わたし、時々(煉瓦倉庫店とLa lettre de Kobeを)歩いて行き来しているんですよー」
「お祭りで、人、多かったでしょう」とか話していて。
ワタシは大阪在住なので、最後に茶屋町に寄って帰ります、と言うと
「じゃあ、今日はナガサワ祭りですね!」と言ってくれました。
そーだなー、一日で三店回ったら、お祭りだなー。

さきほどの煉瓦倉庫店で『ナガサワ検定』の紙を見まして。
多分、ほとんど解けないと思うけど、紙だけもらおう、ノートブックに貼ろうと思って、レジのおねーさんに聞いてみたら。
「今日が最終日なんですよー、ぜひ書いて行ってください!」と。
それなら、と、書いて預けてきました。
どのくらい正解だろう、(と、いうか、おねーさんがヒントいっぱい教えてくれました。あ、ありがとうございます…!)
買ったものはコチラ。

二件目で買ったもの。

穴あきポストカードですよ!穴あき!!そして封筒柄のカードと香り付きタグ2枚。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

三店目、NAGASAWA梅田茶屋町店。
一番馴染みがあり、かつ、このお店のある場所が、茶屋町ジュンク堂書店内、海外ブンガクコーナーの真ん前なので、本を見に行けば、ココを覗き、ココに何かを買いに行けば、本もちょっと覗いていく、という、そういう場所です。
神戸から帰ってくる途中で、ワタシを誑かす女神トラベラーズノートブック、「よし、茶屋町にブルーエディションがあれば買う」と思っていたのですが、品切れになっていました。
やー、ホッとしたような、残念なような。
多分、何も買わなくてもスタンプを押してもらえると思うのですが、やー、それは失礼だろう、仕方がナイなあ、トラベラーズのステッカー買おう、とレジに持って行き、スタンプをお願いしました。

「今日1日で回ったんですか」と驚かれました。
そして、三つめのスタンプを押して頂きまして。
(そして、やっぱりそういう写真を撮っていない)
(こんな立派なカバーでした)頂きました。

記念品#01

こういうのを頂きまして(これはちゃんと写真撮ったよ)

記念品#02

包装紙を取ったら、こんな箱が(これもちゃんと写真撮ったよ!)

記念品#03

こんな立派なノートブックカバーが(あれだけ写真を撮らないワタシが、ここまでちゃんと撮ったのだから、誰か褒めて)

何に使おうかな、仕事用かな。

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

ナガサワ文具センター、三軒回りまして。
お店の大きさ、品揃えも違い、立地も、駅前だったり、海沿いだったり、と、一軒一軒、違いがあってオモシロいです。
煉瓦倉庫店は、今回で二回目なのですが、すごく好きになった!
お店の規模もちょうど良くて、ポストカードの品揃えの底知れなさとか、美術品みたいなガラスペンが、ばーっ と置いてあるトコロとか。
お店を出たら、海がすぐそこなので、ほのかに潮の香がして、波音も静かで、ロケーションもすごくイイです。
(おこづかいを握りしめて)また行きたいです。

※スタンプラリーは6月30日(火)まで だそうです。

最後になりましたが。
ナガサワ文具センター様
創業133周年、おめでとうございます。
これからも素敵な文房具、インク、革製品など、お待ちしています♪

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

後日談といいますか、ナガサワ検定ですが。
ありがたいことに、正解が多かったようで、えー、ピンバッジを頂きました。

ナガサワ133年記念ピンバッジ

どこにつけよう。トラベラーズ?

◆ ◇ ◆ ◇ ◆

煉瓦倉庫店前の海

煉瓦倉庫店、すごく好きになったよ。(これはお店の前の海)

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ