Let’s 投げトラ! 〜アクロバティックトラベラーズノートを全力で楽しむ、投げトラの極意3箇条〜

Posted on 31 8月 2015 by

前回の記事で、こんな写真をアップしました↓↓↓

saori_20150831-01

“AMAZING TOYAMA”のフレーズに触発されて、
「どうしたらいつものトラベラーズノート写真をAMAZINGにできるか?」との疑問がむくり。

そうだ!とひらめいた自分なりのAMAZINGが、
「トラベラーズノートを投げる=“投げトラ”だったのです。

1枚目の写真は、わたしの人生史上初の“投げトラ”。
構図が雑ではあるけれど……。

これまで撮ってきた「トラベラーズノートのある風景」写真の中で
最も!
ダントツで最も!!!
躍動したトラベラーズノートでしょコレ!!!!!

投げトラに味を占めたわたくし。
この夏の富山旅、やたらトラベラーズノートを投げてました(笑)

“投げトラ”にだって、掟がある。
たった一度の投げトラ旅で学んだ、投げトラの極意3箇条

【その1】安全
3箇条の中で、いちばん大切!!!
周囲の人々と落下点のコンディションを十分に確認してから投げましょう。
周りの人にもノートブックにも、思いやりを忘れない投げトラ活動を応援します。
saori_150831-03

【その2】勇気
ふつうなら投げないものを、わざわざ投げるわけです。
ノートが多少の衝撃を受けることを受け入れる、勇気を。
投げて撮り、落ちたノートを拾う行為を 遠く誰かに見られても堂々と振る舞う、勇気を。
saori_150831-02

【その3】タイミング
どのあたりに投げるか、どの落下点でノートを写真におさめるか。
投げトラをおさめるタイミングは、ほんっとーに難しい。
これはもう、慣れるしかない。

富山旅のベストタイミング・投げトラ
saori_150831-04

《 投げトラは 安全・勇気・タイミング 》
投げトラ3箇条を守って、ステキなアクロバティックトラベラーズノートライフを☆

Name:
Profile: ライター、編集者。ココでよく書く「文房具」や「国内旅行」の他、元SE&法人営業の経験を活かして「BtoBセールス&マーケティング」「IT(法人向け)」「働き方」といったテーマで執筆や編集をする機会も多いです。[Profile] [Contact] 【Notebook】トラベラーズノートレギュラーサイズ茶、HINGE A4、HINGE A4、A5サイズノートブック(PAPIER TIGRE)、モレスキンクラシックプレーンポケット【Pen】ジュースアップ0.3mmブラック、ジュースアップ0.4mmブラウン、アクロドライブ Limited Editionブラウン0.7mm黒、フリクションボールノック0.5mmレッド、pencoブラシライターイエロー【Color】こっくり秋色に渋めゴールドを少々【Fashion】シンプルな服とズッコケ小物【Travel】基本ひとり旅、海が好きカフェが好き寄り道も好き、交通手段は鉄道派

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ