Categorized | How to, 美文字部

Notebookersのための美文字トレーニング入門 なかしぃ

Posted on 30 10月 2015 by

今日は大阪都知事/市長ダブル選挙の投票案内状が届きました。ぺら部としては部長に立ち上がってもらいたいところですが、東京から動けないので今回は候補者擁立を断念せざるを得ない状況です。おっと、間違えた! 都知事じゃなく府知事やった。もうどっちでもええわ、とりあえず住民税を安くしてくれる候補者に投票したいです。

というわけで、同じくNotebookersのライターのなかむらさんの「正しい字の書き順に意味はあるのか」という問いにマジレスしました。筆者の見解では正しい筆順は字をきれいに書くための合理的な方法だと思います。実は筆者は美文字アイドル、「美文字っ子クラブ」のメンバーでして、硬筆書写検定3級の持ち主です。3級のくせに書家を名乗ってます。3級がどれくらい凄いかというと、試験を受けにきた受験生の大半は小学生で、その中に混じって大人である筆者がぽつんといるという状況の中で大人の余裕で合格するという凄さです。

そのいきさつはこちらです↓↓↓

手書きアイドル、美文字っ子クラブデビュー!

その自称「書家」なかしぃが練習したメソッドをご紹介します。

●美文字トレーニングその1”フリクションボールペンを使う”

ペン習字の本を買うとお手本の字が書いてあって、その隣に上からなぞる用のグレーのお手本が書いてあってその隣には自分で書く用の欄があります。これに普通のボールペンで書いてしまうと1回しか練習できないので、フリクションボールペンを使って書きます。そしたら何回でも書きなおせます。全部ページを埋め尽くしてしまったらペンのお尻にあるラバーで勢いよくゴシゴシって消しまくります。紙を破らないように気をつけてくださいね。えっ、そんなのやってられないよ、筋肉痛になるよ。何を言ってるんですか!

はいはい、ごもっともですね。そういう努力を怠りたい方に朗報です。テッテレー!そうです、ドライヤーという文明の利器を使うのです。フリクションのインクは60度以上で消えてしまうのです。60度といってもファーレンハイトではなくセルシウスの方ですよ。お間違えなく!!!髪を傷めないようにナノイオン機能がついてるドライヤーがおすすめです。紙は傷むかもしれませんが気にしない気にしない。

●美文字トレーニングその2”罫線ノートを縦に使う”

Notebookersの方なら1冊や2冊使わないのに勢いで買ったノートを持っていると思いますがこのさい字の練習帳として惜しげもなく使っちゃいましょう。その罫線のノートを90度回転してください(セルシウスでもファーレンハイトでもなく角度の度ですよ)そして2行で1文を書きましょう。真ん中の線を中心線として左右のバランスに気を付けましょう。お手本としてはこんな感じです。

DSCF4678

ペン習字に近道なし、王道の練習方法は1にも2にもお手本通り完コピして何回も繰り返して書くことです。王道こそが一番の近道ですぞ!

Name:
Profile: ボールペン画家にしてぺら部の創設者、しかしてその実態は? Notebookersのwriterの中で一番内容が薄っぺらいですが何か?

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ