ついにほぼ日について語る時がきたようね saki

Posted on 05 11月 2015 by

お久しぶりです。

notebookersではノートジプシーしまくってる記事を上げていますが

現在はと言うと、お言葉が疎ましくこれだけは使わないだろうと思ってたほぼ日手帳をメインに使っています。

ノート人生、何があるかわからないものですね。

きっかけはほぼ日手帳2015springでした。

興味はないと言いつつ、新作をめざとくチェックしていた私は

猫の顔がプリントされたほぼ日手帳オリジナルのカバーに心奪われてしまったのです。

IMG_20150926_185132

猫の名前はマミタス。タレントの中川翔子さんが描いた愛猫のイラストです。

この大きな目に一目ぼれして発売日に購入。カバーは完売し再販なしとのことですが

今使ってるものがくたびれてきた時のためにもう一冊欲しい…

何年か後に復刻版とかで出してほしいくらい可愛いです。

はじめはメモを殴り書きしていたのですが、その頃はMOONPLANNERとESノートを併用していて

あまり書くことがなくふわふわした存在でした。

 

そんなほぼ日の使い方が変化したのは今年の7月ごろ。

Instagramで見つけたネットプリントのてはさんの日付シートを利用して

ほぼ日に元々印刷されている日付を無視して日記を書きはじめました。

毎日1ページってのは不満があったので、好きなだけ書けるようになって気分もすっきり。

10月にほぼ日一冊分の使い終わりとMOONPLANNERが切り替わるタイミングが同時になったので

次の新月である10/13からMOONPLANNERをDL版にし印刷。

ほぼ日手帳に貼り込み、1冊にまとめてしまいました。

MP2

MOONPLANNERを貼り付けたほぼ日オリジナル。

ひとことふたことなのでわたしにはこのサイズでじゅうぶんです。

主に夢の内容と体調について気付いたこと、美容関連。

冊子タイプのMOONPLANNERはB6サイズを今まで使ってきたんですけど

独立した冊子だと開くのが億劫でサボりがちだったので、毎日開くほぼ日に吸収されました。

D

MOONPLANNNERの見開き(約2週間)ごとの間に日々のページが挟まっているかんじです。

しおりも2本あるので、MOONPLANNERのページと日記のページに挟んでいます。

日記部分はシールやマステ、雑誌切り抜きにほぼ日ペーパーズに描いたイラストなど。

万年筆はペリカンのth.INK インクはゴッホコバルトです。

青なんですが光にあたると赤紫っぽくも見えて不思議な色のインクです。

万年筆でするっと書けて裏に響かないのにこの薄さはさすがトモエリバーですね。

このためにほぼ日使ってます。

 

スケジュール管理は背ポケットに滑り込ませたRyuRyuの横開きマンスリーを。

Screenshot_2015-11-04-21-16-55

横に細長く開くマンスリーって珍しくて気に入りました。

予定を書き込んだりフリクションスタンプを使ったり普通に使ってます。

自分は手帳術を駆使して時間管理ライフハックするより

ノートにダラダラ好き勝手書くのが好きなんだなぁと気付いてからは

スケジュール帳で悩まなくてよくなり気が楽になりました。

ほぼ日のお言葉問題は解決してませんが、ひとまずは毎日万年筆が使えるので満足しているようです。

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ