身軽であることについて konama

Posted on 03 1月 2016 by

明けましておめでとうございます。

konamaです。

本年もよろしくお付き合いくださいませ。

myAnalogCloud

http://myanalogcloud.com/ より、モレスキンがやってるその日のカバンの中身からあなたのタイプを探るというものらしい)

今日はなんとなく身軽であることについて書いてみたいと思います。というのも、今現在愛用の皮のカバンを修理に出していて、仕事およびちょっとした旅につれていくカバンを探しているので、連れて歩くものっていうことに自分が興味をもっているから。

Notebookersには旅人が多いこともあって、わりと荷物をコンパクトにまとめる、あるいはものを持たないタイプの方が多いのかなという印象です。

でも、よく考えたら膨大な量のノートに文具、カメラ(レンズも?)、音楽プレーヤー、PCやガジェット類、ナイフなんかのツール類、Notebookerの好きなものは結構かさばる。

みんなどんなことを考えて荷造りしているのだろう、とちょっと興味があります。

昔から、私はハンドバッグを持つのが苦手でした。なぜなら自分の忘れっぽさからして、大事なものをどこかに置いてきてしまいそうだから。あの腕をずっと曲げているポーズも何となく自分に似合わない気がして、すべからくポケットへ。母にはよく叱られました。女の子なのにハンドバッグのひとつも持たないなんてと。

ハンカチも財布も鍵もみんなポケットに入ってる。もちろん携帯電話も。(前から思ってたんですが、携帯をバッグに入れているかたはどうやって着信に気が付けるんですか?)

そんなことをすると当然ですがポケットが膨らみます。ジーパンの時はいいけど、スーツの時はもう大変。まずもって女性もののスーツにはポケットがないことが多いので戦い(?)はそこから始まっています。まずポケットのあるスーツ、でも女性ものはスーツのポケットがあっても小さいし、胸ポケットはない。すると小さい財布に小さいハンカチ。小さいふが欲しい一つの理由はこんなことでもあります。ハンカチ…はなんであんなに最近タオル地が大流行なんでしょう。小さくて薄くってシンプルなもの。見つけるのは結構大変で、デパートでめぼしいものを見つけたらとりあえず買っておく習慣が付きました。携帯電話はもちろん最近のでかくなっていく風潮にちょっとうんざりしています。

016e616022d5d99e1683cbbf3ab6af540e134e09a9

そんなわけで仕事用のA4書類が入るカバンと身一つで動くというのが社会人になってからのスタイルです。

海外出張は3泊分の着替え(あとは風呂場で洗濯)と丸められるワンピースとサンダル(夕飯用)、あとは本とノートとガジェットとカメラ。いつもの仕事カバンに小さ目のキャリーバッグ。これは自分でもてる重さの荷物(身長の問題もあって、たいした量はもてない)じゃないと、海外の地下鉄の階段とかで途方にくれてしまうから。必要なものは旅先で買って、使い切って帰る。

こんな感じで割と身軽な生活が自分でも気に入っていたのです、が…。

ある時点からちょっとだけ困るようになってきました。やっぱり年取ったからね。

問題に気が付いたのはある日、職業的な出張でご挨拶に伺った際に、大学院生に間違えられたこと(もうそれをやめてから10年以上たってますが)。ジーンズならともかくフルにスーツ着てですよ。orz

親しい友人にこの話をすると「それはおじさんでもないけどおばさんでもないからだ」という回答。さすがにおじさんには見えないし、若く見えるわけでもない(おい!)けど、おばさんらしさが足りない。その一番のポイントは手に何も持っていないことだと。年相応に見られたかったら、何を入れるのかよくわからん手首に引っ掛ける小さなハンドバッグを持っていろと。その友人は内科医をやっているのですが、見た目が若くて信用されないので、わざとおばさんくさいパーマをかけているといってました。職業人としてのファッションは実用性とどのように見られたいかで決まってくるわけですが、男物のスーツに近い濃紺のパンツスーツも何も持っていない手も、好きで着ているとはいえ、そろそろ考えなくちゃならない年に来たらしい。

じゃあ、自分の趣味と離れて他人の「あらまほしさ」を追求すべきなのか?というとそんなことはやろうと思ったってできないわけで、最近は年を取ってきたなりの自分らしい身軽さを追求することにしました。

というとかっこいいですが、基本私はぺら部員。要はある程度お金でなんとかしちゃえということ(身もふたもない…)。身の回りの物を減らすのにはアメニティがふつうにあるレベルの宿に泊まればいい、洗濯がしんどければクリーニングサービスを使えばいい、荷物が重くなったら送ってしまえばいい。そのかわり、自分らしいカラーのものを一つ旅に追加すること(軽さや便利さは度外視して)。自分の身に着けるものを現地で買ってお土産にすること(高くてもいいからちゃんと後で使えるものを買う)。夕飯にちゃんとしたディナーが食べられるレベルの服装を一つ持っていくこと。それに合わせてハンドバッグを一つ荷物に入れること。あれあれ、少しずつ荷物が重くなってきましたよ。じゃあタクシーで移動すればいい?それはどうもうまくない。やっぱり機動力と瞬発力は何とか死守したいところ。

そんなわけで、皮のカバンの入院中の相棒にモレスキンの赤のブリーフケースいいなあとちょっと考えているのですが、なかなか颯爽とは使いこなせなさそうで二の足を踏んでいます(モレカウの宣伝がまたハードル高い)。

こんなことばっかり言っていて、あとで本物に出会ったときに(完璧おばちゃんじゃん…)と思ったとしても生暖かい目で見守ってくださいね(切実)。

皮のカバンを愛用している時点で軽量化からはちょっと路線が違っているものね。人生に矛盾はつきものさ。というわけで、荷物に虫眼鏡と本をいれたら、上のモレスキンカバン占いでは、アナログでクラシックなドリーマーで思慮深い奴らしいので、ハタハタしてるおばちゃんを見かけたら声をかけてください。ポッケに飴ちゃんいれとくからさ。

Name:
Profile: こなま。趣味を仕事に持ち込んで、仕事から趣味を増やしている毎日(←結局好きなことしかやっていない)を過ごす、ざっくり人間。おいしいお酒のあるおしゃべりは大好物。一応モレスキンユーザー。現在Notebookers Mapプロジェクト進行中です。 年に数回更新するブログ Chips with everything

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ