Categorized | Life

かみにこだわるNotebooker女子へ なかしぃ

Posted on 29 1月 2016 by

普段Notebooker女子は手帳やノートの紙にこだわってる人が多いと思われます。やっぱり手帳にはトモエリバーよね、いやいやMDもいいわよ。モレスキンの紙質には悩まされるわね。

といった話ではありません、今回は。

で、今日のテーマはNotebooker女子にとって紙より大切な髪のお話です。

去年の暮れから筆者は湯シャンを始めました。湯シャンとは何か?

解説しよう、湯シャンとはお湯だけでシャンプーすることである。

シャンプーを使うと髪や地肌を傷めるそうです。シャンプーの洗浄力は強力すぎて頭皮の皮脂を取り過ぎてしまったり髪の毛を痛め、髪のハリやコシがなくなるそうです。そして白髪や抜け毛が増えるんですって、奥さん。シャンプーの洗浄力は頭皮に洗濯用洗剤を付けて洗うようなものらしいです。なので、お湯だけでシャンプーすることによりハリとコシを取り戻し、抜け毛や白髪を予防しようではありませんか。

で、筆者が1ヶ月湯シャンを試した結果、白髪が目立たなくなったような気がします。そしてもうひとつの効果、シャンプー代の節約が出来ます。

話は変わりますが、Notebookers女子にはロングヘアー美女もいるかと思われます。それでたまたまイメチェンしてショートヘアーにしたいなと思うときがあるかもしれません。美容院で切ってもらったらそのまま廃棄されますね。そこで提案なのですが、ヘアドネーションをしてみませんか?

突然意味不明の横文字が出てきましたね。ヘアドネーション=髪の毛の寄付ですよ、お嬢さん。髪の毛を寄付?どゆこと??と訝しがる方もいらっしゃるかもしれません。髪の毛は寄付を通じて人毛ウィッグとして生まれ変わります。化繊の髪の毛よりも自然な見た目と仕上がりで傍から見てもウィッグとは思えないほどの出来だそうです。そりゃそうですよね、人毛だもの。ただ、世に流通する数が圧倒的に少ないです。

オシャレNotebooker女子の中でもウィッグで普段の自分とは違う自分になってみたいと思う方もいますよね。また、自毛を染めたりヘアスタイルを変えたりオシャレを楽しみたいですよね。でも、それが出来ない女子も世の中にはいます。例えば抗がん剤治療の副作用であったり原因不明の毛が抜ける病気だったり。女の子にとって髪は命でありアイデンティティであるので、そういう境遇だと外に出るのも億劫になったり自信がなくなったりして人生を楽しめません。そういう女子達に救いの手を差し伸べるのが人毛ウィッグです。人毛ウィッグをつけて気持ちまで明るくなって女子としての人生を前向きに歩けるようになるみたいです。また、人毛ウィッグ職人さんも自然に見えるように苦心して作っています。特に前髪の生え際は職人技の持てる技術を全てつぎ込んで一針一針心をこめて縫っているそうです。

といった内容をあるテレビ番組で見ました。

なので、思い切ってばっさり切るときはそれこそ思い切ってヘアドネーションを申し出てみてはいかがでしょうか。

IMG_20150414_173809

Name:
Profile: ボールペン画家にしてぺら部の創設者、しかしてその実態は? Notebookersのwriterの中で一番内容が薄っぺらいですが何か?

  • くらこ(dish of curaco)

    女子限定の紙なのー?って読んだら、そういうことか!
    凄い素敵な寄付だなぁ。切りたくなったら動いてみる。

    • なかしぃ

      今年はぺら部を卒業して中身のある記事を書いていきますよ。

  • Tomoyo

    はじめまして!こちらの記事で初めてヘアードネーションについて知りました。私の髪はすでに寄付可能な長さを満たしているのですが、中には長めなウイッグ希望の方もいらっしゃるでしょうからもう少し伸ばして今年中に寄付したいと思います!!

    • なかしぃ

      Tomoyoさま、http://www.jhdac.org/ に詳しいことが書いてあるのでチェックしてみてください。協力美容室とか載ってます。

  • Pingback: かみにこだわるNotebooker女子より | Notebookers.jp()

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ