Categorized | Notebook, Travel

ひとり旅の思い出とノート。 mikiko

Posted on 15 3月 2016 by

ログノートをつけながら、ふらふらと6日間ふらふらとしていたことがあります。

先日、自分のブログにその時のことをかいたのですが、撮ったのに載せなかった写真がもったいないからと、こっちにも書いてみています。

いく先々で、猫がいましてね。

IMG_7169

すんごく幸せそうな福々しい猫もいまして。

IMG_7170

かと思えば、右下の写真に注目。

IMG_7167

小雨が降る中でこれみた時は、かなり怖かった。

みんな同じ方向を向いているんだけど、稀にまっすぐ前を向いているダルメシアンもいて「えーっと目が合っているかな……」と、少しの恐怖がまじりつつも呆気にとられて、めっちゃ見てしまう。立ち尽くす。

 

ひとり旅は、7万円をにぎりしめて向かいました。

お金は増えない。

なるべく節約気味にいこう。

お金を使わなければ使わないほど、旅の日数がふえる算段でした。

このころ、時間は制限なしだった。金はそんなにないが、時間はある!

自分の人生の中で、お金と時間の両方がしっかりある!っていう時期は本当になくて、どちらかがあれば、片方が落ちるシーソーに乗っているかのようです。

ま、このシーソーは自分だけじゃないね。職種にもよるけど仕事はエネルギーやっぱり吸い取られるし体力と時間がない。仕事を辞めれば、時間はありあまるけどお金がかつかつに。

旅のノートはお金管理の意味もあって、しっかりと書いていました。

IMG_7165

仕事を辞めたから、よし行こうとひとりで旅にでたんだよね。

別の機会で、バックパッカーをしていたご夫妻に旅の話をきかせてもらったことがあるんだけど、聞かせてもらった話はとても魅力的で羨ましかった。

お二人ともが口を揃えて「まずは、仕事を辞めてから」といっていたのが、なんともね。

働いていても、旅行にはでかけられるけど、自分の中で「旅」と「旅行」のニュアンスは違う。
いわゆる観光地をめぐって、いかに効率的に動いて、何時の飛行機に乗って帰る!!なんならツアーでってのは「旅行」のイメージ。

「旅」は、ゆるっとした感じ。自由ですこし孤独。パッケージされたツアーとかにはない行き当たりばったりなイメージ。

「旅行」も楽しいけど「旅」もたまにはいいとおもう。

あ、そのご夫妻とあったのは、ここのライターでもある出雲さんが”旅ログノートの作り方”のイベントをされた時のことです。

また、ふらふらと、どこか違う場所にいきたい願望はある。

Name:
Profile:

mikikoといいます。
Twitter(mokiki_3 )

モレスキンにはまる→書くペンにはまる→書くノートを模索してトラベラーズノートにハマる→トラベラーズノートのカスタマイズにはまる→カスタマイズ自体にはまる→手帳に付属するペンさしにハマる→ペンじゃなく万年筆にハマる→万年筆に入れるインクにハマる→万年筆が裏抜しない手帳にハマる。

モレスキンってなあに?
という私が辿った道です。
よろしくお願いします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ