夏月 さくらとノートブック

Posted on 14 1月 2012 by

はじめまして、愛知の紅茶の世界に住む夏月 さくらです。
紅茶が好き過ぎて、「紅茶の血が流れてる」とか周りから言われてます。

Twitterでは、@sacla08で日常を呟いてます。

使ってるのは、モレスキンのスケジュール18ヶ月のポケット
20120114-094543.jpg

そして、去年の12月にデビューしたトラベラーズノート
20120114-094705.jpg

紅茶・オレンジ・本・文房具等が好きです。

知らぬ間に、紅茶の奥深さにハマり今では勉強するまでになりました。

紅茶と言うよりも、「お茶」に魅了された感じです。

約5年くらい前に、行きつけのお店の人から「煎茶の家元である小川後楽先生の話を聞く場を作ったから来てみない?」と言われて言ったのが大きく変化したきっかけかもしれないです。

それまで、ゆったりお茶は飲む物としか認識してなかったので。

そして、行ってからはじめて知りました。後楽先生が有名な方だと(ーー;)

そこでは、お茶の歴史を中心に話が進められていたのですが、私には「茶の湯」や「煎茶」の世界は全く知ら無いので、はじめてで楽しくてメモが止まりませんでした。
ずーーと、下を向いてメモしてました。恥ずかしい事に、それも2列目の席で(^^;;

お茶が堅苦しい世界だとばかり思っていたので、触れようともしなかったのです。

でも、触れたとたん「面白い!!」に変わり色々と調べたくなり調べていたら、知識は美味しい淹れ方・お茶と食べ物の組合せ・歴史に偏ってしまってました。

中国茶を習っていた時は、もうお茶の歴史まで行く前に、仕事の関係上でステップアップできなかったのもあります。
でも、その当時は色んな中国茶を飲んだり茶藝の作法を習ったりしてたので、でもここでお茶の楽しみ方は先生に教え貰ったと思います。

紅茶教室は、「美味しい淹れる!!」よりも自分好みの物を捜すお手伝いみたいな事を教えて貰いました。

そのお茶と一緒に私の片棒には、いつもノートがあり沢山のメモと感想が綴られてました。

今は、教室には行ってませんが、本や自分が興味がある事を調べてメモしたりプリントして貼り込んだりしてます。

だから、私とノートブックは私の中のお茶との歴史が刻まれてます。

そして、カフェ学会の会員でもあります。
まだ、会員の仕事してない(>_<)
たくさん、書いて会員としてやっていかなきゃ。

そんな簡略ですが使い方をしてます。

↓参考用 過去に書いた飲んだ紅茶の記事です。(モレスキン ラージサイズ)
20120114-090912.jpg

他にも、旅モレで色んな方々に会いに行ってます。
「宝箱のモレスキン」です。

20120114-095640.jpg

私は、ノートで航海日誌みたいな物が作りたいです。
海の上でなくても、自分が興味を持った物や調べた事を、足跡みたいに残して行きたいです。

このブログで、色んな人達との交流や新たな自分発見が出来たら嬉しいです。

タカヤさんには、この様な場所を作ってくださった事を感謝してます。

楽しくやれたらいいです。

Name:
Profile: 愛知の片隅に住んでます。 紅茶が好きで、飲む事が専門でしたが勉強し出したらそれ以上の楽しみがありました。 手帳は、モレスキン・トラベラーズノート・ほぼ日手帳を使ってます。 2008年の7月に難病のもやもや病が発見されて、2度の手術を終えて今も闘病生活です。 毎日、笑顔で過ごせるように楽しい事を考えて生きています。 空と星を眺めながら、好きなことを出来る今に感謝してます。 ありがとうございます。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ