トラベラーズノートブックとトムウェイツ

Posted on 01 4月 2016 by

だ関西、も少し寒いです嬉しいですせらです。
最後のひと押しとして、ハッシュタグは #惜冬。

えー、先日、『居心地の悪い部屋』という岸本佐知子氏編訳の短篇集を読みまして。
やー、このタイトルなので、12篇、にがくて、突き放され、不安になる、そういうすばらしー短篇集でした。
特に、ジョイスキャロルオーツの『やあ!やってるかい!』は、文学作品は通り魔になり得る、ということを証明できた人類の宝物のような作品でした。

あなたといるとぼくは不安でたまらない。そう、それなんだ、あなたはぼくを不安におとしいれるんです。そのとおりだよ、食事相手はうなづいた。わたしといると最後は誰もがそうなるのさ。だけどね、そもそも文学の役割とはそこにあるのだとは思わないかい?ひとの不安をかきたてることだとは? わたしに言わせれば、ひとの意識を慰撫するような文学などは信用できない。それは僕も同感です。ですが、ぼくは自分のことでもうたっぷりと不安にかられている。あなたの不安がぼくの不安にくわわると、もうこれは苦悩にほかなりません。堕落した平和よりは苦悩の方がましだね(アントニオタブッキ『レクイエム』)


そして今回もブックレビューではありません(でも、ブックレビューじゃない記事でも、こうして前振りでそれっぽいものを書いていて、回を追うごとに長くなってきている気がする)。

以前、こういう記事を書きました。蔡國強展『帰去来』で狼たちに遭ってきました。
この時、トラベラーズファクトリーに行ってきまして。
そのファクトリーでのことと旅そのものについて書いてみようと思います。

わたしはトラベラーズノートブックユーザーとしては、長い方で、たぶん、ほとんど発売と同時に購入したんじゃないかと思います。
その頃(今でもだけど)、トラベラーズノートブックのスタッフさんのブログをよく読んでいまして、ものすごく印象的な記事がありました。
(うろ覚えなので間違っていたらすみません)(ものすごく印象的でも忘れるんだよ)
スタッフさんが、香港かタイに出張に行かれた時、CD屋さんをのぞいて「トムウェイツが好きなら、こういうミュージシャンがいるよ」とお勧めされて、聞いてみたら、なるほど良い曲だ…と。
その流れで、もしトラベラーズが今の1000倍くらい売れたら、トムウェイツをトラベラーズノートブックのイメージキャラクターにしたい、と、そんなことを書かれていました。
そんで(想像上の)トラベラーズノートブックCMのイメージをふたつ。
ひとつは、人のいない駅のホームでトムウェイツがベンチに座っていて、トラベラーズを拡げていて、何か書いている、そこへ電車が来て、ばさっ と閉じてバッグに(ポケットに?)入れて、立ち上がり、電車へ乗り込む…
もひとつは、どこかのバーで、行きずりのおねーさんと意気投合して、ベッドを共にして、部屋を出て行くその時に(え、この時ってトラベラーズどう使うんだっけ)。
そういうCMを撮りたい、監督はぜひジャームッシュで、とそんなことが書かれていた記事でした。
わたしのトラベラーズノートブックの使い方って、この空想CMの前者、電車待ちの時間に書いているって、これだなあ。
電車を待っている、書く、電車が来る、ノートブックを閉じてバッグに入れる、電車に乗る、車内で座れたら続きを書く、出したペンの色がさっきとは違う、でも気にせず書く… というような。

蔡國強展を見に行った時、トラベラーズファクトリーにも行きまして。
この時、レジで偶然、トムウェイツのYou’re Innocent When You Dreamがかかりました。

コレです。
(このVr.が流れたのです)(わたしが好きだから貼っているワケではないです)(や、好きですが)
どうにも立ち去りがたく、でもレジを終わらせてしまったし、どうしようと思い。
せっかくなのでトラベラーズファクトリー名物のアアルトコーヒーを一杯頂きました。
淹れてもらっている間、買ったリフィルにレジ横のスタンプを押していたんですが。
そしたら。
女性のお客さんが覗き込んできたので「押しますか」とスタンプを差し出したら、首をぶんぶん振って
“No, Sorry.” と。
ちょっと話してみたら、香港からのツーリストさんで、前からトラベラーズファクトリーに来てみたかった、とのことで。
ツーリストさんとしばらく話していると、レジのおねえさんから「スタンプラリーをしているので、良ければ集めてみて下さい」とリーフレットを頂きました。
ツーリストさんは、???な表情をしたので、わたしのがくがくした英語で「このリーフレットのここの部分に、ファクトリーのこのスタンプを押す、ここは成田空港のファクトリーのスタンプを押して…」と説明すると
「成田!わたし、今から数時間前、成田にいたんだよ!」と「帰る時に押すよ!」と楽しみにされていました。
すごくスレンダーな方で、服装もシンプルクールで、いかにもトラベラーズノートブックを使うカンジのひとで、「学生さんですか」と聞くと大笑いされて「そんなに若く見えるー?うれしいー!」というような反応をされて。
ほんとに大ウケでした。

すごく朗らかなかただったなあと今でも思います。
そのツーリストさんは、リフィルとポストカードとステッカーを少し買っていて、そのリフィルに、ものすごく慎重に選んだスタンプを押していました。その時だけ、とても真剣な表情で、リフィルとスタンプの先を見つめて(睨んで?)いたのを覚えています。
そうしている間にコーヒーが入ったので、ツーリストさんは「じゃあ、わたし、次のところへ行きます、ありがとう」というようなコトを言われてそして、
“Have a nice trip!” と。
(大阪から来たという話をしたので day ではなくて trip だったのかと)
すごく胸がいっぱいになって、なので、ものすごく小さな声で、お返しの言葉として “Thank you,You too.” と、たぶん、ツーリストさんには聞こえてなかったんじゃないかと思う。

ツーリストさんを見送ってから、ファクトリー2階へ上がって、ソファでノートブックをざくざくと書いていました。
壁撞き、九十九匹の狼のこと、陶器と爆薬のインスタレーションのこと、トムウェイツの曲のこと。ツーリストさんのことも。
1時間弱くらいいて、もうそろそろ帰ろう、と、降りていったら、レジのおねーさんがいたので、一声掛けて、出ようとしたら。
「またお越し下さいねー」
と言われて、ああ、そうなんだ、と思いました。

これはお店のひとが、客を見送る時、ふつうに言うあいさつなのですが。
旅というのは、わたしにとって、そういうものなんだと思う。

ファクトリーのお姉さんにとっては、わたしはどこから来たかも、まったくわからないストレンジャーで。
カンタンにまた来ることができるとか、なかなか来ることができないとか、そんなことは一切わからない。
そして、次にわたしがファクトリーに行っても、このお姉さんはもういないかも知れない。
さっきの香港のツーリストさんも、きっと、もう会うことはないはずで。
こんなふうに、二度と会わないかも知れないひとと会うこと、一瞬だけ道が交叉して通りすぎる、二度と会うことがないかもしれない、それを受け入れること。
わたしにとっての旅。

わたしは。
映画『SMOKE』でオーギーが、毎日同じ場所で撮る写真、定点観測とか。
九十九匹の狼のインスタレーション『壁撞き』は、展示ごとに壁を作り直し、狼の位置も毎回違うそうで。
同じものが見ることができるのは、その展示の会期だけだそうです。
そういった、同じものでもぜんぶ違う、そういう『一度しか(短い期間しか)見られないもの』、コンセプトのものを知り、出会うのが好きなのですが。

旅は、たぶん、その最たるものなんじゃないかなあ。
ただ、違うのは、旅で出会うのは(わたしが一方的に見たり、聞いたりする作品や風景ではなく)双方が生身の『ひと』であること。
どこへ行ってもそうですが、わたしは、本来ならその場にいない、お邪魔した異分子、通りすがりで。
わたしが【いないこと】が、そのひとの日常であり、わたしにとってもそうであり。
それでも、その名前も知らないひとと会ったことを忘れたくないと思い、だから、ノートブックに書く。
トムウェイツという、ちょっと淋しい時に、寄り添ってくれるような音楽を聞きつつ、ひとと会って、見送って、見送ってもらって、それが切なくても、それでもわたしはまた旅に出たい。

えー。
トラベラーズノートブックが誕生して、今年で10年だそうで(10周年缶買ったよ!)、これからもまた、旅に一緒に来てもらって、リアルタイムで走り書きしつつ(せら、ぴーんち!とか(勘違いしてたよ)ハハハとか)、またお世話になっていきたいと思います。

>>トラベラーズファクトリー公式サイト

☆おまけ☆
あの、『パタリロ!』で、名前は忘れたんですが、嘘つきの悪魔が出てきます。
いつもつまらない嘘ばっかりついているので、悪魔連中は誰もその嘘つき悪魔の言葉を信じない。
でも、ある時、ふとしたきっかけで、ちょっと気になることを叫びます。
「○○の領地は××に荒らされていない! 無事だから心配しなくていい!」とか、そういうのだったと思います。
それで、○○は自分の領地に戻って様子を見るんですが、そこには罠が仕掛けられていて…というエピソードがあり。
その嘘つき悪魔の武器は、数百年に一度だけ言う『ホント』だとか。
こういうゲームっぽいトリッキーなのすごく好きだなあ、と。

えー、上記リンクはソレですが、今回の記事はぜんぶホントです。はい。

☆おまけ2☆
でもねー、ことさらに『旅に出る』とか、出かけるとか、せずとも(言わずとも)、ひとは皆、戻ることのない旅の途上にあるのだと思うのです。それも独りで歩ける、『帰る道を考えなくてもいい旅』ですよ!

☆おまけ3☆

331.旅行家の全身にびっしりと彫られた様々な国の文字は、彼が一生の間に地上で出会った、忘れ難い人びとの名前だった。
『一文物語集』(飯田 茂実)

☆おまけ4☆

ほら、だってタイトルにトムウェイツついてるんだよ!

ほら、だってタイトルにトムウェイツついてるんだよ!

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

  • piecesmaker1

    悪魔ベリト、でしょうか?
    大魔王アスタロト編「白紙委任の森」に出てきたものと
    記憶しております。パタリロとても好きです。
    そして、せら様のpost、いつも楽しみにしいます。

    • piecesmaker1

      せら様
      僭越ながらコメントを残したのです。が、「て」が抜けてしまいました。
      すみません。
      せら様のpostはいつも私が日常見過ごしてしまう部分を優しく叩いてくれて、そこから広がる波紋が心地よく感じられます。

    • せら

      ピース・メーカーさん
      コメントありがとうございます。
      >悪魔ベリト
      そうですそうです♪
      「白紙委任の森」で思い出しました。確か次元がガタガタで、うっかり動くと身体がずたずたになるとか何とかだったはず…
      他の記事も読んで頂いているとのこと、ありがとうございます。
      読んだかたの中に、何か切り傷、引っ掻き傷のような、痛みのようなものを残せる記事が書けたらいいなあと思っています。
      (実はわたし、ピース・メーカーさんのファンで、透明感があって硬質な文章とか、ゆっくりと拓いて、広がって、また閉じるような世界の空気とか、とても好きです♪)
      また次の記事も楽しみにしています。コメント、ありがとうございました。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ