『カップ焼きそばの作り方』せら @Treasure_Table版

Posted on 01 6月 2016 by

今、『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』という本を読んでいるのですが。
この書店がなんとも魅力的で、えー、この書店名だとイギリスっぽいのですが、フランス、パリにありまして。
今のお店は二代目なんですが、『書店に見せかけた社会主義者のユートピア』だそうです。
本棚の間にベッドがあり、その辺でごはんの準備をしたりできる、いわゆる懐具合のさびしい作家たち、ツーリストの無料宿泊所を兼業していた本屋さんだそうです。
二代目店主ジョージ ホイットマンは『見知らぬ人に冷たくするな、変装した天使かもしれないから』をモットーに、そういったひとたちを受けれいていたんだそうです。
そこへ、カナダの新聞記者が訪れて(トラブルから逃げてきて)…という、ドキュメンタリーです。面白いー♪

毎度、こういう書き出しですが、この本のレビューではなく。
えー、今、流行りの『カップ焼きそばの作り方』をわたし風に説明しようか、と。

『カップ焼きそば』と言っても定義が広いようで。ご存知でしょうか。
wikiでは『焼きそば』の中に『インスタント食品』として書かれています。ちょっと引用。

インスタント食品としての焼きそばは、油揚げされた麺を湯で戻し、付属のタレで味付けをする。なお、この油揚げされた麺というのは、固焼きそばのそれとは違い、インスタントラーメンに多い即席油揚げ麺の事であり、乾燥保存と麺の中に微細な空洞を作って戻しやすくすることを目的として揚げたものである。種類はソース焼きそばがほとんどであるが、塩焼きそば、カレー焼きそばなどのバリエーションは存在する。

と思ったら、カップ焼きそばという項目がありました。コチラ。

カップ焼きそば(カップ焼そば、カップやきそば)とは、日本発祥で、カップ麺のうち焼きそばを模したものを指す。袋麺タイプも含めた「インスタント焼きそば」の1ジャンルである。

通常のカップ麺と同じく、熱湯を用意するだけで調理可能である。カップ麺の特性上、袋麺タイプの「インスタント焼きそば」と違って「焼く」調理過程がなく、厳密には焼きそばではなく「焼きそば風」のカップ麺である。21世紀初頭では袋麺タイプのものよりも広く浸透し、定着している。
需要として、季節的には春から夏にかけて売上が伸びる傾向となっている。
スープを伴う通常のカップ麺とは調理方法が違い、湯をそそいで所定の時間(3分程度)が経過した後、蓋に設けられている湯切り口を開けてそこから湯を捨て、その後にソースまたは調味料を掛け、かき混ぜて調理終了となる。

えー。
わたし、北海道の友達に聞いたんですが、北海道には『焼きそば弁当』というカップ焼きそばがあって、それは麺を戻したお湯を使ってスープを作るそうで、ただのお湯ではおいしいスープにならないんだとか。
お湯を捨てないタイプもある、ということで。なるほどなあ、と。
他にもエッジの効いたご当地カップ焼きそばがあれば教えて欲しいです(こういうの大好き)。

では、わたしのカップ焼きそばの作り方を…

まず、お湯を沸かすところから始めるんですが。
大前提は『カップ焼きそば』が【ある】ということです。
買い置きでもよし、スーパーやコンビニで買ってきたものでもよし、まずは【ある】ことを確認してからお湯を沸かしましょう。
「あ! やべ! これカップラーメンだ!」とか「しまった、カップスープだった!」とか、えー、わたしは割とそういうことがあるので、まずは作るべきカップ焼きそばが【ある】ところから始めましょう。
普通盛りとか大盛りとか、塩焼きそばとか、たらこ風味なんとかとか、イロイロあるようなので、お好みで。

(カップ焼きそばじゃなくてパスタなんですが、えー、30グラムくらいしかなくて、お湯はぐらぐら沸いてるし、具はもうできてるし、という、そういうぴんちもありました)(マカロニを使いました)(何とかなりました)

えー、いきなりカップ焼きそばを作らず、温泉たまごを作りましょう。
スープジャーにたまごを入れて、そんでお湯を入れる。フタをしてそのまま放置。
改めて、お湯を沸かしてもいいし、何か別の用事をしてもいいと思います(10分くらいでできる用事が望ましい)
あんまり長く放置するとゆでたまごになってしまいます。

あと、余談ですが、オーブントースターでもゆでたまごが作れます。
たまごをちょっと水にぬらして、アルミホイルできっちり包んで15分くらい。余熱で10分くらい?
(火が通り過ぎると焼き目がついたゆでたまごになってしまいますが)

そんで改めてカップ焼きそば用のお湯を沸かします。
沸かしてる間に、カップ焼きそばの包装を取って、フタを剝がして、と準備するんですが。
わたしは、かやくが別になっていたら使わないです。
あのキャベツのカケラみたいなのはあまり好きではないので、例えば豆苗やカイワレ大根などがあれば、適宜切って、できた焼きそばの上に乗っけます(切るだけでイイ! 便利!!)。

そういうことを考えてる間にお湯が沸くので、そうしたらカップ焼きそばにお湯を入れます。
余ったら、サーモボトルに入れて保温しておきます。後でお茶を淹れましょう。

3分、とか、それより長いのもあります。
わたしは、規定の時間より短めにタイマーを掛けます。
鳴っても、すぐ反応しないからです。3分なら2分、4分なら3分半くらい。

その3分(というか2分)、タイムアタック的に何か用事をしてもいいし、本の続きを読んでもいい(本を読むと、更に反応が遅くなるんですが)(「あ、こ、この章だけ読みたいんだけど…!」)。
何をしてもいいんですが、一番ダメなのは、甘い物を食べること、かなあ。
このカップ焼きそばを用意するのが、いつなのかによっても違うと思いますが。
だいたいは、夜、仕事(学校でも)から帰ってからかと思われます。
人生を見つめた考察や、今読んでる本の良かった箇所の引用では【ない】、軽いツイートを1つくらい?

そういうことをしているうちに、3分経ちますので。お湯を切ります。
カップ焼きそば作りのハイライトかも知れない。
日本の独身世帯のキッチンには妖精が住んでいて、カップ焼きそばのお湯をシンクに流したら、ぼこん! というのは、その妖精がイタズラをして鳴らしているとか聞いたことがあるんですが。
えー、モデルハウスのスタッフさんが言うには、あんまり熱いお湯を、シンクにそのまま流すと徐々に傷んでいって、突然、穴が空くことがあるから、蛇口から水を流しながらお湯きりして下さい、という、そういう話を聞いたような。

そんで湯切りができたら、ソースをかけるんですが。
わたしは、心持ち少なめにかけます。
たぶん、袋の六割くらい。その量で混ぜて、全体にゆきわたらせます。
桜えびがあれば、これをかけたりします。
さっきも書きましたが、豆苗やカイワレ大根があれば切って乗せます。
(せめてもの、少しでも野菜を摂ろうという、そういう、あの…)
で、完成、なのですが。

わたしは猫舌なので、できてもそのまま、また10分ほど? 15分ほど? 置いておきます。
湯気がおさまったころに、ようやく「いただきます!」
サーモボトルにお湯があるので、ほうじ茶でも淹れましょう。

そんで。
食べ終わって、お箸を洗っている頃に、スープジャーに気がついて、

「あーー! 温泉たまごーー!!」

となります。
明日の朝ごはんに回してもよし、まだ食べられるなら、えー、食パンなどに乗っけて食べてもよし。
(勝率は割と低く4割くらいです。なかなか、カップ焼きそばに乗っけて食べることができません)

なんだっけ、秋月りすさんの四コマ漫画でしたか、無農薬野菜を買って、きちんとお料理をしている、そういうロハスな奥様が、旦那様に隠れてカップ焼きそばを作ってて「これよ、このソースのにおいが…!」とか興奮してたりして。
なんでしょう、この、カップ焼きそば、禁断の味的な、背徳の味、とでも言うのか。

今は、ご当地カップ焼きそば、東南アジアっぽいカップ焼きそばなども発売されていて、いろんなものを食べることができるようで。
Notebookersなら、3分待つ間、何をしてますか。
モレスキンポケットなら1ページ書くくらいの時間?

■ ■ ■ ■

と、いうカンジで、今、2016年5月末くらいにツイッターで流行りの、文豪、エッセイスト、政治家、宗教家が語る『カップ焼きそばの作り方』そのセルフパロティ的な、えー、そういうのです(わ、わたしの記事を読んで頂いている方には、おわかり頂けるかと…)。

こういうかんじで>>
もしも村上春樹が『算数の問題』や『カップ焼きそばの説明』を書いたら

もしも夢野久作と椎名誠が『カップ焼きそばの作り方』を書いたら

『もしも◯◯がカップ焼きそばの作り方を書いたら』が増殖していて凄いことに→江戸川乱歩・原田宗典、他

■ ■ ■ ■

では、最後、お約束なので、当Notebookers.jp 管理人タカヤモレカウ氏がカップ焼きそばの作り方を説召したら。

ツイートされたら、このへんに↓差し込みますので、お待ちしております。

□タカヤモレカウ氏の
□カップ焼きそば作りツイート
□予定スペース

Name:
Profile:

あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

  • カップ焼きそばの作り方はですね~
    けっこうこだわりありますよ俺。

    • せら

      たかやさんのこだわりの言葉を盛り込んだ
      焼きそばの作り方ツイートをお待ちしておりますー。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ