愛惜のEDiT MONTHLY 2016

Posted on 08 2月 2017 by

の記事も並行して書いているんですが。

貴婦人と一角獣

赤が多用されて、青はあんまり使われていなーい。


これはタペストリ『貴婦人と一角獣』のうち1枚なんですが。
このタペストリは6枚ありまして、味覚、聴覚、視覚、嗅覚、触覚、もうひとつ『我がただ一つの望み』がテーマになっています。
このタペストリはそのうちのどれでしょー。


以上、前振り終わり。

えー。
2016年の手帖として、EDiT MONTHLYを使っていました。
えー。縦開きのこういうタイプです。

EDiTマンスリー1月ページ

1月はこのくらいの記入量でした。

わたしは、ノートブックもこのように縦に開いて使っていまして。
ご存知のかたからは『せら開き』と呼んでいただいております。

このEDiT MONTHLYを知ったのは、2015年の秋でした。
確か、キディランドかどこかで、2015年版を半額くらいでセールになっていたのを見つけました。
もう。
わたしとしては、こういうカンジでした。

啓示

「あなたは!光を!見たか!」的な、そのくらいの出会いでした。

わたしは以前、こういう記事を書いていたのですが
わたしの求めるすべての『ないもの』がある手帖でした。
1)縦開き
2)六曜がない(ホントは大安と仏滅だけ書かれていましたが、修正液で消しました)
3)いわゆる情報ページが(あまり)ない
4)たっぷりメモページ
5)カバーがない
この五つがすべて実現されている、そんな手帖でした。

2016年版が発売になって、即買いました。
11月頃から12月の予定を書き込みはじめ、本当に使うのを楽しみにしていました。
そして使いはじめた12月。
本当に嬉しかったです。

仕事の予定、遊びの予定、メモページには、仕事のことや、家のこと、見た映画、読んだ本の感想、Notebookers.JPの記事の走り書きなど、とにかく何でも書いていました。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見た時は、もう、映画館を出てすぐカフェに駆け込み、この手帖を取り出して、がががががーーー! とイキオイに任せて書き留めた覚えがあります。

フォースの覚醒メモページ

フォースの覚醒感想メモ。ファルコン号やらXウィングを見上げたときは、ほんとうにほろりとしました。


たしか2月か3月に、システム手帳用のジッパーケースを買って、手帖の後ろに貼り付けました。
ポケットがないので、ショップカードやレシートなどを挟めるものが欲しいなあと思っていて、スリムタイプのシステム手帖とほぼ同じサイズだったので、えー、カスタマイズしまして。
さらに便利に、使いやすく。

そして運命の8月(多分8月だと思います)(たぶん)。
EDiT 2017年版の予告ページがアップされました。
どんなに探してもマンスリーがありません。
よく見ると「B6スリム・EDiTマンスリーは廃盤になりました」との記述があり…

わたしは。
この手帖を使い続けるつもりでした。
2017年はどの色にしよーかなー、ボルドーいいよねー、でも青もいいなあ。シックに黒もいい。
二冊三冊、と増えていって、背表紙に印刷された年号が 2016、2017、と積み上がっていくんだー、などと想像していました。
それが。
たった1年! たった1年で! 理想の! 完璧な理想の!! 100点満点中1億点あげたいくらいの理想の手帖が!!
廃盤になってしまいました。

EDiT マンスリー8月ページ

8月はこのくらい書いていました。ほとんどノートブックでした。


なんていうんだろう、手帖とノートブックの境界がないような。
考えたこと、感じたことをフツーに手帖に書いてたなあ…

そういうわけで。2017年の手帖は、半分くらい手作りの手帖となりました。
同じくNotebookers.JPのライター、あかねさんが書かれた『プレーンノートと相性の良い、カレンダーシールのご紹介』、このカレンダーシールを、モレスキンのジャパニーズアルバム ポケットに貼って使っています。
一番大きなA5サイズなんですが、モレスキンのポケットを縦にするとちょうどいいくらいのサイズなのです。
(わたしは下部をちょこっとだけ切って貼っています)

モレスキン+カレンダーシール

せら開き。

手帖売り場を「モレスキンで縦開きマンスリーがあったらいいのになー」と思いつつウロウロしていて、このカレンダーシールを見つけまして。
「モレスキン、縦開きで使える?」と思いつき、モレスキン売り場にシールを持っていって、サイズを合わせてみたところ、ほぼぴったりでした。
よし! モレスキンに貼って使う! でも、フツーのポケットのページは薄過ぎる? と思ったんですが。
まだ使っていないジャパニーズアルバムのポケットがある! それはスケッチブックと同じ紙質だから厚みがある!
と、なんだかもう、とんとんとん と流れるようにアイディアが浮かびました。
カレンダーシールを買い、家に帰り、さっそくシールをモレスキンに合わせてみました。
長さがちょっとはみ出すくらいで、幅はほぼぴったりでした。
今は年間カレンダーと1月から4月まで貼っています。
5枚貼ったら、かなり厚みが出てしまい、5月以降どうしよっかなーと思っています。
ポケットのカイエ? このままジャパアルに貼る?

モレスキン+カレンダーシール

こんなカンジで。


=====
以下、Notebookers.JPを訪れている手帖 EDiT の関係者の方がいらしたら、読んで頂きたいなあと思います。
わたしは本当にこの手帖が好きでした。
もう本当に「一生使う」と思っていたくらい好きで、使いやすかったです。
使っていた2016年、開くのが楽しみ、手にすることが楽しみな1年を過ごせました。
よく手にして見返していたため、予定を間違うこともなく、仕事もプライベートもサクサクこなすことができました。
廃盤になったことは残念ですが、素晴らしい手帖を作ってくださって、本当に感謝します。ありがとうございました。
EDiTマンスリー最後のメモページ

□おまけ

EDiT 2016年マンスリーと モレスキン2017

記念に。

□おまけ2
(また)いきなり最初のページで間違えております。mistakes の t を k と書いてしまいました。

「あなたは間違えるために生まれてきた。紛い物の完璧さのためではなく」バンクシー

みんな、今年1年もイキイキと間違えよう。

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ