Categorized | Movie, Recommend

『クリスマスのその夜に』

Posted on 15 1月 2012 by

『クリスマスのその夜に』

『このサンタ仮面の裏側にもドラマがアリ』

『クリスマスのその夜に』(2010年)

監督:ベント・ハーメル

ルウェイ発のクリスマスストーリィ。

【ゆるーくネタバレあり?】

えー、10か月と10日ほど早いクリスマスの話題です。

五つの物語が並行して進みます。
故郷に帰りたかった男の話。
子供たちに会いたいアルコール中毒の父親。
クリスマスを祝わないモスリムの女の子とその友達。
三人。スカーフの赤さが切なくなる二人。
この日に『親』になったセルビア人の夫とアルバニア人の妻、その赤ちゃんを取り上げた医師。

『ラブアクチュアリー』ノルウェイ版?とも思ったんですが、違いました。
これはノルウェイの『クリスマスのその夜に』です。

やっぱり好きなのは、赤ちゃん誕生エピソードかなあ。
夫が自分たちのことを医師に話すんですが、もうその一言一言が心を抉られるようでした。
コソボから来たという夫に、医師が帰れないのかと訊ねます。

「帰ったら殺される」
「誰に」

この答えがもうもう切なくて、辛くて、まだそういう状態の国があるんだ、と改めて思い知りました。

この映画も、以前書いた『SMOKE』と同じく、あまり起伏がないのですが、それでも、…例えば、心の内側のヒビ割れに、あたたかいお茶がすーっと染み込んでいくような。
登場人物ひとりひとりの心、やや冷めたくなっているであろう心を手で包んで温めてあげたい、そんなことを考えた1本でした。

ハーメル監督は、他にも『キッチンストーリー』などを手掛けています。
公式サイトはコチラ>http://www.christmas-yoru.jp/

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ