Categorized | Eros, Recommend

ちらえろす Kyrie

Posted on 27 2月 2018 by

 

えろすを感じる部分、って人によって違うと思う。
ブルーやグリーンのライトより、ピンクやレッドのライトのようがえろてぃっくかもしれないし、むちむちした肉感的とかぬらぬらした唇とか。

私の場合、モロえろすより、ちらりとしたところから感じる、想像力をかきたてられる匂い立つような感じのものが、好き。

例えば全裸の女性がベッドにいるとして、その人が大の字に寝転んでいたら、ちっともえろすを感じない。
せっかく包み隠すところなく、惜しげもなく見えているのに、残念。

うつ伏せに寝て、膝を曲げて足首をクロスさせている、なんていいなぁ。

胸は自分の体重でちょっとつぶれて横に広がっていて。
ぷりんとしたおしりは全部見えていて。
きゅっと引き締まった足首と足の裏が揺らめいて。
反った背中の背骨を指でたどってみたくなって。

 

ほんとは、着物、和装のえろすについてちょっと語ってみようと思ったんです。
今日、Twitterで自分が盛り上がったのは足袋ですが、他にも衣紋をぐっと抜いたうなじと首の後ろと背中のてっぺんとか。
足袋と着物の間から見える足とか。
小さな根付の宇宙的魅力とか。

そういうちらりずむが好きで、「ばばーん!」と見えていればえろいかといえばそうじゃないでしょ。例えば全裸の女性がベッドの上にいるとします。と続けたかったのですが、うつ伏せに寝転んでいる女性を想像して描写するのを考えていたら、「これだけでも満足しちゃった!」と思えてきたので、今回はこれにてドロン。

こういうテーマで書いちゃうなんて、春なのね。

 

 

 

Name:
Profile: 広島生まれ広島育ち リュックを背負って、カメラとノートブックを持ってどこかに行くのが好き 2006年にスペイン巡礼に行きました Twitter → @salaky_ blog → 涯てお茶

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ