Categorized | Notebook, 研究

Note of the note ―ノートの調べ p.10 三島由紀夫 「豊饒の海」創作ノート ピース・メーカー

Posted on 23 11月 2018 by

Note of the note -ノートの調べ」 と題した不定期シリーズ。
このシリーズでは、著名人のノート、手稿、手帳、日記などを紹介し、そこに込められた作法と思いを検証していく。

第10回目は、三島由紀夫さん『豊饒の海』の創作ノートを記録する。

出典

写真・解説『決定版 三島由紀夫 全集 14』新潮社
解説   『決定版 三島由紀夫 全集 13』新潮社
解説   『三島由紀夫 幻の遺作を読む もう一つの『豊饒の海』』井上隆史 光文社新書 2010.11.20

はじめに

昭和44年11月25日。陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹の日、『豊饒の海』の最終原稿が編集者に渡された。この作品には出典書執筆時点で「創作ノート」23冊が確認されている。

多くはB5版の大学ノートであるこの「創作ノート」には、全四巻に及ぶ「大長編」の構想、取材記録、さまざまな確認内容、草稿スケッチ、日記などが記載されている。

研究者にとって重要なのは、この小説が、当初、五部構成の、どちらかというと「救済」の物語であったものが、第三巻執筆にあたって、四部作のアンチ物語ともいえる内容へと大改編されている点にある。ここに、三島由紀夫さんと日本、日本の歴史とのかかわりを読み取ろうという研究がなされるわけだが、私に興味があるのは、「創作ノート」そのものだ。

その意味で、23冊ものノートのうちの数枚しか、写真を見つけられなかったのが、とても歯がゆい気持ちである。(よく探せば、公開された図版はもっとあるのかもしれない)
今回は、出典資料にあったノートの概括(サイズ、表紙などへ書き込みの一部)をリストとしてまとめおくのみとなることを、あらかじめお断りしておく。

第一巻 「春の雪」 創作ノート 5冊

1「大長編 Sketch ① 三島由紀夫」(21.7×15.2)
2「大長編ノオト 1 三島由紀夫」(22×15.5)
昭和39年秋~昭和40年前半
3「大長編ノート 2 三島由紀夫」(21.3×15.4)
原稿用紙二枚ホッチキス留め有
4「大長編ノオト(尼寺)」(23×16.4)
[第三巻 第四巻に関係あり…]
5「大長編ノオト(尼寺②)1965 三島由紀夫」
添付メモ(14.3×10.6)18枚、寺のパンフ

コラム1

三島由紀夫さんは、はじめに最後までの構成を固めた上で書き始める作家だそうだ。その点からも、この作品は特異なものであるといえる。

「もっと大きなドラマティックな展開、神と悪魔のやうなものがないと四巻のラストとしては重みがない」

「世界はどうあっても存在しなければならないからだ。しかしなぜ? なぜなら迷界としての世界が存在することによって、はじめて悟りの機運がもたらされるからである」

第二巻 「奔馬」創作ノート 7冊

1「奔馬 三島由紀夫 Solarismの小説 日輪と崖上の自刃のイメーヂ」(21.4×15.2)
2「奔馬 ② 夢日記」(21.4×15.2)
[大正3年3月清顕20歳で死す、神道の「中今」と仏教の「同時交互因果」の時間概念と…]


上:杏子色の地に白い杖に緑の葉に黄色の花のステンドグラス
下:法廷の図

3「Sketch ② 三島由紀夫」(25.3×17.8)
[川と霧と田 猟銃の値段…]
4「大神々社 三島由紀夫 1966.8月」
5「神風連 三島由紀夫 〈地図及び方言集〉」(21.4×15.1)

6「奔馬(刑務所」(21.3×15)
[市ヶ谷は水洗か否か…]
7「奔馬」(25×18)

コラム2

畳半分ほどの紙に登場人物や年代を書いた一覧表数枚と取材ノート数十冊をかかえて、三島氏の自負と意欲とエネルギーはビクともしそうになかった。
「地球につめ跡を ―わが構想」(読売新聞 昭和42年2月2日)

第三巻 「暁の寺」創作ノート 5冊

1「バンコック取材〈バンパイン離宮〉」(22.5×16.3)

2「薔薇宮①」
(22×15.4;タイで購入したと思われる学習帳。表紙に象に乗る王と衛兵の絵 Naresuan THE GREAT KING 裏表紙にはタイの地図)
3「laos,India & Bangkok 暁の寺 三島由紀夫 1967」(21.4×15.3)
4「暁の寺 戦後篇」(22.5×16)
5「暁の寺」

コラム3

「すなわち「暁の寺」の完成によって、それまで浮遊してゐた二種の現実は確定せられ、一つの作品世界が完成し閉ぢられると共に、それまでの作品以外の現実はすべてこの瞬間に紙屑になったのです。(中略)
しかしまだ一巻が残ってゐる。最終巻が残ってゐる。
この「小説がすんだら」といふ言葉は、今の私にとってのタブーだ。この小説が終つたあとの世界を、私は考へることができないからであり、その世界を想像することがイヤであり怖ろしいのである」
『小説とは何か』(「波」昭和45年5月6日)

第四巻 「天人五衰」創作ノート 5冊

1「第四巻 plan」(22.8×16.2)昭和45年3月~4月
裏表紙[Coffee Shoe Brush Fountain Pen → PX …」※PXは米軍基地内の購買店
2「第四巻 月蝕 三島由紀夫」(23×17.2)
スパイラルノート

3「円照寺 〈1970.7.22〉」
表紙余白に以下の記載
第四回( 8月)海(夕刻)狂女、アパート 海(午後)
第五回( 9月)下田から船で清水へ航海
第六回(10月)養子縁組と本多の実務教育
第七回(11月)本多の死の準備とい平穏な生活

4「清水 8/10」(21.6×15.2)
5「横浜取材 岸壁から手記を捨てる」(22.8×16.1)

コラム4

取材ノートに記載された、町並み、港、海などの描写は、単に「記録」という味気ないものではなく、かといって、作中のペンキの書割のような芝居染みた文体でもない、生粋の「写生文」である。これらを読み、、改めて、三島由紀夫さんは、物語作家なのだと感じた。

物語を書き続けた作家が、最後の最後で、すべてを「無(空ではない)」に帰する、アンチ物語の物語、を書いたというところが私には面白い。

おわりに

図版が少ないため、創作中の情熱や逡巡を十分に感じ取ることができなかったのが残念だ。

主要部分はほぼ活字として読むことはできるのであるが、やはり、「線」が見たい。私はノートの文字を読み取るのではなくて、「感情線とでもいうほかない痕跡」を見たいのだと思う。

「豊饒の海」は20歳で死んで、転生を繰り返す主人公を見守りながら醜く老いていく男の一代記である。
それは、ガンダムシリーズにおける、キャスバル・レム・ダイクンの物語であり、帝都物語における鳴滝純一の物語なのだ。
私はこれまでに読んだ三島さんの作品のなかで、この作品が一番好きだ。その読後感は、山田風太郎さんの「柳生十兵衛死す」に比肩するものだと思っている。

Name:
Profile: みんな「時」にくだかれたかけら/かけらからかけらを作る/ くだける前を知らないまま/作ったかけらをモザイクにする/ つぎはぎだらけの世界/どうか美しくありますように/

Photos from our Flickr stream

See all photos

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ