お題「モレカウにチョコレートを送りたい」

Posted on 20 2月 2012 by

そういえば、バレンタインはいかがでしたか。

タイトル通り、タカヤさん(このNotebookersを創ったおかた。)のお題に乗って、

チョコレートを送りたいと思います。

 

副題としてはノートにはさむ時のかさばる感をみなさんに味わってもらいたい。

 

 

 

今回はモレスキンにはさみます。

まずはこれ。大人な男性向けに、お酒入りチョコレート。

< 自分では買わない種類のチョコレートと出会った >

 

 

ごろん、としたチョコレートも

 

物陰に潜むと、

< あなたの愛猫は物陰に隠れてる時、ミステリアスなはず >

 

 

猫のような可愛らしさに変身してしまう。猫のようだ、といってもモレスキンに挟んだまま、これを職場において、途中で食べるという荒業はムリ。香りでバレる。

 

< 美しい一枚 >

堂々と黒ゴムにはさむ。黄金色とブラックのコラボレーション。豪華。

(きっとタカヤさんは好きだと思う。)

 

 

さて。

上でお見せしたチョコレートはアルコール入りなため、青少年は禁止ということで、

もっと親しみやすいものを選んでみました。

 

< 青春 >

このガムをノートにはさんで(むしろモレスキンの黒ゴム)、隣の席の気になるアイツに

「はい、これ」とツンデレぽく差し出す。

ささやかな日常を彩る黒と緑。

きっと高校時代を思い出すとき、この二つの色が思い浮かぶはずだ。

(んな、馬鹿な。)

 

 

喉を痛めたあの子に

< コソっ >

 

心配だという気持ちを込めて、

< 差し出す・・・! >

風邪をひかずに春を迎えたいものですね。

 

さてさて。

みなさんはご存じだろうか。

これ。

 

< どーん! >

ブラックサンダー。

若い女性にヒット中!との事。私は流行る前から、売店のおばちゃんにお勧めされて、箱買いまでした。

流行の先端を行っていた。

(と、思う。)

 

実はここからがモレスキンの本領発揮—

モレスキンポケットに、ブラックサンダーをしのばせて、

< 2つがベストだと思う >

 

しっかり収納する。

< モレスキンのブラックサンダー収納図 >

素晴らしい。

 

別角度で見てみると、モレスキンポケットの凄さが実感できるのだ。

はい、どーん!

 

< モレスキンはあなたの想いだけでなく、ブラックサンダーをも抱きしめる >

 

どうだろう、この収納能力。

確かに半年この状態で耐えられるかは謎だが、ふとした瞬間の休憩時間には十分応対できる。

そして、

「あー、お腹すいた。」

「はい、これ」

< 息を殺してひっそりとたたずみ・・・ >

< モレスキンの独特なホワイトから顔を出すあの子たち! >

 

あなたの小腹にピタッと対応。

 

そして、ビジュアルも、黒と黄金で負けていない。

 

< どや! >

 

とにかく、あなたの心に寄り添える。

私はモレスキンの広報でもないし、ブラックサンダーさんの広報でもない。

だが、

お気に入りとお気に入りが手を取り合うと、

素晴らしい「画」になる。

 

 

 

・・・って、違うけど、

挟んでみたら、意外に楽しかったので、記事にしてみました。

おそまつさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Name:
Profile:

Photos from our Flickr stream

See all photos

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ