Tag Archive | "お題"

Tags: ,

みぎのうがしげきされているやうだ

Posted on 20 5月 2015 by konama

こんにちは、konamaです。

そろそろ記事を書こうかなあと思っていたところにお題「利き手でない手で書いた文字や絵、鏡文字、暗号」というのが来たので、そのネタならばいくらでもかけるぞ!ということでまたまたペラく書いていきたいと思います。別名左利きの恨み言ともいう。

(よし、投稿するぞと思ったらmariocさんがちょうど同じようなお話書いてる!)

もともと左利きの私、ご飯を食べに出かけると箸をもつ手をみて「あれ左利きだったの?」とよく驚かれます。というのも普段文字を右で書いているので、一緒にご飯でもも食べに行かない限り、左を使っているというのに気が付かれないからです。物心つくころに字だけは右にとなおされたようで、学校上がってしばらくは鏡文字を卒業できなかったようです。

左でもある程度字はかけるので、両手がほぼ同じように使えると思われがちなのですが、そんなことはなく、「字は右」「絵は左」という謎の役割分担が出来上がっていて、右で書きながら左手にもった消しゴムで消せるけど、線を引くときは鉛筆を左に持ち替えて定規を右で押さえて引かないと書けない。こう書くと大した違いはないと思うでしょう?小学校の時もっとも苦痛だった授業は書き方の時間で、それは右手でお手本をなぞるということができなかったからなのです(線をなぞるのは左の方が得意)。その頃はそんなことに気が付かなかったし、ふつうの右で書いた字がさほどひどくなかったので、先生には「適当にかいた、乱暴にかいた」と思われたらしく、いつもなにやら評価が低かった記憶があります。

そんな解離のせいか、右手はどっちというような絶対的な感覚が薄く、右左で問われると反応が人より一拍遅いところがあります。そのせいもあるのでしょうが、授業で板書しているときに、正面をみて後ろでにチョークを手に取るからでしょうか、右手で書いていたのにひとしきり説明したあと左手で書いていることがあり(本人まったく気が付いていない)、学生さんに指摘されて愕然とするときがあります。

migihidari

左利きにとって文房具を含む道具類というのは意外とめんどくさいことが多くて、はさみに始まってお玉、包丁(自分で両側砥いでる)まで世の中すべからく右利き用にできていて、使えないわけじゃないが不便だなと思うことが良くあります。イギリスに暮らしていた時には左利きのためのお店Anything Lefthandedに行ったこともあるし(ちょっと面白いですよ)、 専用の道具があるのもわかっているのですが、右用のはさみで切る方法に慣れた目で左用はさみを使うとむしろうまく切れないのです。だから指の穴が当たってちょっと痛いのですが、まあいいかと今日もちょきちょきスクラップしてみたりしているわけです。

そんなわけで、器用とは言い難い自分としては絵よりは字を書く人生だったわけですが、最近ノートに落書きするのが楽しくなってきて、夜のんびりzentanngleを描いたりするようになってきました。絵を描いている間は重点的に左ばっかり(たまに入れている筆ペン字は右で書いてるけど)ずっと使っている と、お、なんかいつもと違う方の脳みそが刺激されている感じがすごくする。ずっと使っているとなんかいいことあったりして、と妄想しつつ今日も謎の渦巻を描いています。

uzumaki

 

Comments (3)

Tags:

タカヤさんからの「お題」(自分のためのまとめ)

Posted on 14 2月 2012 by りっか

motokicksさんのお気に入りからこれをコピペしてる最中に、

togetterの存在(http://togetter.com/li/250619)を教えて戴いたのですが、

私にとって見にくかったのでコピペ続行しました。

問題あれば下げるのでおっしゃってください。

ちなみに、

「昨晩のお題は、酔っ払って即興で打ってるのであくまでも応用で利用してくださいませ☆」

とのこと。

***

「内側と外側」

「色」

「地平線」

「小さい頃に何を書いたか?」

「小さい頃に書いたページを、今のあなたのノートブックで再現してください」

「一番のお気に入りのページをアップしてください」

「二度と再現できないページを見せてください」

「ノートブックを手放すとき」

「ノートブックにどんな恋を書き留めましたか?」

「沈黙」

「絶対に見せられないページを見せてください」

「エロス」

「連続小説」

「野郎ノートブック」

「音楽をノートブックに書き留めるための技」

「ムービージャーナル」

「誰もが引いてしまいそうなことを平気で語ってみる」

「孤独について」

「文房具と身体感覚」

「文房具の殺傷能力」

「ペン2本をハシ代わりにしてごはんを食べてみる」

「ノートブックに刺身を盛ってみる」

「酒と文房具」

「ノートブックに食べ物を挟むのはやめなさい」

「ファッションや服についての記録」

「味覚とノートブック」

「ホラー・ノートブック」

「旅をノートブックに記録する時のキーワード」

「異国をノートブックの中で描いてみる」

「世界一重いノートブックを目指せ!」

「文房具の防御力」

「バレンタインデー・キッス」

「熊を放て!」

「ハートがいっぱいのページ」

「台所とノートブック」

「文房具を冷凍庫に入れて保管しています」

「チョコレートを塗ったくってみる」

「ノートブッカーな彼氏募集中」

「ノートブッカーな彼女募集中」

「禁ノートブック」

「禁ペン」

「禁じられたノートブック研究会」

「ノートブックって一度も使ったことがない」

「ペンより重いものを持ったことがない」

「ノートブックと同じようにいつも持ち歩いているもの」

「ずばりカバンの中身見せちゃう!」

「モレカウにチョコを送りたい」

「愛用している鞄」

「愛用している革製品」

「ノトプリ(ノートブックを使うのに適したiPhoneアプリ等)」

「ノートブックを書くときに最近聴いてる音楽」

「音符びっしりのノートブック」

「ノートブックに○○を貼ってみる」

「本の抜き書きノートブック(読書ノート)」

「あなたのレターセット見せてください」

「お気に入りの封筒や切手」

「ザ・スタンプ」

「部屋の中の文房具スペースを見せてください(女の子編)」

「インクが出ないと思ったら芋けんぴだったよ」

「ペン数本でウルヴァリンを再現」

「文房具のカタチをしたお菓子のレシピ」

「銀色に輝く文房具が好きだ」

「ツイートもされず、ノートにも書かれず、誰にも話されることのない物語」

「マクトゥーブ(すべては書かれている)」

「文房具があればこんなものまで直った」

「文房具に関する本だったらこんな本が読みたい」

「ザ・ポストカード・コレクション!」

「あなたの本棚見せてください」

「ザ・書斎」

「レトロなデザイン(マッチ・コースター・ポスター)」

「ペットとノートブックと私」

「辛辣な状況も独特のユーモアで包んでみよう」

「文房具的4段階:think→catch→draw→stock」

「世界の果てのノートブック」

「文房具をめっちゃ美しく撮る写真術」

「LAMY祭」

「○○ or Notebook ?」

「全裸ノートブック部」

「お風呂でノートブックを書く(写真付)」

「恋人と二人で過ごす時間に、彼氏がのんびり本を読んで、自分はノートブックを書いているような沈黙した時間について」

「暖炉と毛布について」

「世界のホットドリンク」

「例えばあなたが友人たちと過ごした楽しい時間を忘れたくない時に、ノートブックに多くの思い出を記録するテクニックについて」

Comments (7)

Tags: , , ,

お題:「色」オレンジと私

Posted on 31 1月 2012 by 夏月 さくら

今日は、課題のテーマが回覧されて来たのでそのひとつの「色」について書きます。

20120131-233051.jpg
私は、オレンジが好きなんですが昔は紺等の青が好きだったんです。

それが、何故オレンジ好きになったかと言うと…。

それは、仕事が忙しくて毎日12時前の終電で帰る日々が続く時に、夜型というか日差しが極端に駄目になり、日焼けしたりすると直ぐに体調悪くし、日に当たれくなった時期がありました。

悩んで困ってる時に、同じ寮の先輩で何時でも日傘をさしてる人がいたんです。
その方に相談して、日傘を一緒に買いに行く事になりました。

それも、日傘フェアしてる三越に( ;´Д`)
三越高いとしか思ってなかった時だったので、ビビりまくりでした。

日傘がどんなのがいいのかも、持ちやすさとかわからないから、人について来て貰ってるんですが、日傘がいくらからあるのかも知らないからブルブルしてました((((;゚Д゚)))))))、、、
セレブばっか???
言った私に、ツッみながら。

そして、「少し短めで布の日傘がはじめてなら気楽だろ?!!」って、独り言いいながら、ゴソゴソ捜し出した先輩。
私は、後ろをてくてくついて行くしかないのです。
そして、和雑貨が好きな私に合いそうな日傘を6本持って来てくれたのですが、そこには黒、クリーム、紺等でした。
私は、その時は勿論
「この紺がいい!!」
って手に取ってさして見たら…

(。-_-。)じぃーーーーー!!!
「なんか違う!!!色違いあったからそれ持ってくる!!」
って、日傘の山の中に消えて行って、手に持って来たのが橙の日傘。
渡されて、さしたら、、、、
私のイメージと違う(>_<)
明るめだよ、この橙は。
葛藤してたら。

先輩は、むすっとした顔からニコニコと笑顔になり…
「やっぱり、これがあってるよ。
日傘だけど、さした時に太陽が後ろあるみたいで、元気な○○ちゃんにはぴったりだよ(^ー゜)」

「えーー( ̄◇ ̄;)でも、紺がいいよ」

「紺もいいけど、病人みたいに見えて、ポイントの元気真逆になるからだめ!!」

って、先輩のイメージで橙の日傘を買ってから、使っていたら周りからもオレンジが私のイメージカラーになって今では、身の回りの物もオレンジがある生活になって来ました。

腕時計もね

20120131-232907.jpg

モレスキンも和紙を貼ってオレンジにしたりと。

20120131-233312.jpg

Comments (0)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ