Tag Archive | "ダイビング"

Tags: ,

【notebookersお題】ノートブック以外の愛用品紹介:水中写真撮影部隊!

Posted on 20 10月 2012 by どんべ

ノート以外の愛用品ということで、いつもダイビングで水中写真を取るときに使っているカメラとハウジングというモノを紹介します。

水中ではどうやって写真を撮るのか?

水中写真を撮るんだよー、的な話をすると、いつも聞かれるのがこの質問。
私の目的は、今のところとりあえず撮れてりゃいい。なので、本当に簡単な装備。
普通のデジカメを、ハウジングという密閉できるプラスチックケースに入れ、海に突入していきます。

カメラ

image

OLYMPUSのμ Tough。陸では普通にデジカメとして使えます。
さらに耐水性があり、水深10mくらいならハウジングなしで水中撮影可能!文字通りToughなやつです。
さらにさらに!撮影モードには水中撮影にもってこいの、「水中ワイド1(広い景観を撮影するのにピッタリ。)」「水中ワイド2(泳いでいる生き物を撮るのにピッタリ)」「水中マクロ(小さい生き物を至近距離で撮影するのにピッタリ)」の3つのモード完備。
つか、普通のデジカメとはいえ、ダイバーをターゲットにした製品なんでしょうね…。

ハウジング
image
image

μ Tough専用のハウジングを使ってます。
デジカメによっては専用のハウジングが売られているようですが、ない場合はオーダーメイドになるそう。
水中写真やりたいなら、まずはハウジングがあるカメラを選ぶのがお手軽ですかね。

がぱっと開けて、カメラを設置して使います。

image

蓋のゴムパッキンにゴミがつくと、水漏れ事故が起きます。耐水性能がないデジカメは、当然死亡します。

かれこれこのデジカメとハウジングコンビにお世話になってまだ1年。
自分が納得いく写真を少しでも多く取れるよう、今後もたくさん練習していきたいです。

Comments (0)

Tags: , ,

あなたのノートに書き留めてほしい水中生物-ゴマ粒サイズの春の使者ダンゴウオ

Posted on 11 4月 2012 by どんべ

こんにちは。どんべです。ダイビングが好きです。
今回は不思議なお魚ダンゴウオのご紹介。

まずは、愛らしいそのお姿の写真をどうぞ。

ダンゴウオ

擬態のクオリティが高すぎて、見つけにくいかも知れません。

ダンゴウオ横

横から見るとこんな感じ。頭← →しっぽ 

寒い海に住んでいるので、東北の海ではもっと見られるようです。
春先のこの時期のみ、神奈川~東伊豆の海でも見られます。まさに伊豆ダイバーにとっては、春を告げる使者なのです。

とても変わった魚です。

まず、特徴的な2等身の体。人によって例え方が異なりますが、「きんぎょ注意報のぎょぴちゃん」「正面顔はドラクエのスライム」「ポニョ」などといわれます。
お腹にヒレが発達してできた吸盤があり、それで岩や海草にくっつき、擬態します。写真は赤い体をしていますが、緑色の海草にくっついてる子は緑色になります。そんなわけで泳ぐのは下手です。くっつくための体になってるんですね。
基本的に動かないので、見つけたら写真撮り放題!ひゃっほう!

写真は大人のダンゴウオ。赤ちゃんダンゴウオには、頭に白い輪っか模様があり、ダイバーは「天使の輪」と呼びます。
愛らしい2等身と特徴的な生態で、ダイバーに愛されています。

そして、愛される理由がもうひとつ。

希少な魚というわけではありませんが、見つけるのは至難の業。たとえば下の写真の中に一匹いるんですが、わかりますか?
トップの写真は、この写真からダンゴウオの部分だけ切り抜いたものなんです。

ダンゴウオを探せ!

わからなくても落ち込まないでください。
何せこの子、大人になっても1cmほど。そのくらいあればむしろ良心的なくらい。
他の人が見つけてくれて、「ほらほら、ここにいるよ!」と指差されても見つけられない。そのくらい小さい。

赤ちゃんのサイズなんか2mmくらい。肉眼ではノミとかダニのレベルです。
そしてこの擬態のクオリティ。

見つけられません(涙目)。

ダンゴウオファンは、この時期、このゴマ粒サイズの春の使者を探すためだけに、一日費やして大海原へ旅立ちます。
つくづく、ダイバーって変な生き物です。

愛らしい見た目と見つけにくさゆえの希少さが、ダイバーに愛される理由。
見つけられるとめっちゃうれしいです。そりゃ可愛く見えますよ。ええ。

一寸の虫(魚だけど)にも五分の魂。こんな小さい生き物の中にも臓器があって、心臓が動いてる。
生命の神秘です。ほんと生き物ってすごい。

もっと知りたい!どんべのへたくそな写真じゃなくて、もっとわかりやすい写真で見たい!という方は、「不思議可愛いダンゴウオ」という写真集がありますから、本屋さんでぱらぱらめくってみて下さい。

不思議可愛いダンゴウオ

そんな不思議な海の春の使者ダンゴウオ。ぜひ、あなたのノートにメモっておいてください。
あ、来年もっとうまく撮影できたら、またご報告します。

どんべでした。

Comments (7)

Tags: , , , ,

ダイバーズモレスキンを作りました。

Posted on 14 3月 2012 by どんべ

またまたモレスキンが一冊加わりました。
ダイビングをした際に付けるダイビングログを、モレスキンに付ける事にしたんです。
ダイバーズモレスキンと呼ぶことにしました。
これまでも支給されるダイビングログを使ってましたが、重いしかさばるし使い勝手が良くなかったんです…。

*。・*・。

※ダイビングログとは

ダイビングログ

ダイバーが潜ったあとにつける、ダイビングの記録帳です。

潜った場所、深さ、水温、その時の装備等をメモしておくことで、次回似たような環境で潜るときの参考になるし、自分のダイビング経験の証明書にもなります。

*。・*・。

表紙には、以前撮影した水中写真をPolaroid PoGoで印刷したものをペタリ&マステでちょっとだけメイク。ダイバーズモレスキン

このためにMSKでログ用のテンプレートも作りました。
印刷してノートの見開き半分に貼って使います。
残り半分には何もせず。一緒に潜ったインストラクターやガイドさん、他のダイバーさんの寄せ書きを書いてもらったり、自分の感想メモを書き込もうと。

前まで使っていたダイビングログに比べるとずっとコンパクト。
それでいて自由に書き込めるスペースを大幅に増量!
ダイビングログとダイバーズモレスキンの大きさ比較

先日潜った時に、このダイバーズモレスキンをデビューさせてみました。
特に問題もなく、使い心地も以前のダイビングログより、はるかに良かったです。
これからこのモレスキンに海の思い出が刻まれていくのが楽しみです。

せっかくなので、作ったダイビングログテンプレートをシェアしました。よろしければ印刷してお使いください♪
http://min.us/moledivinglog
ダイバーの皆様のお役に立てれば幸いです。

Comments (3)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ