Tag Archive | "日記"

Tags: , ,

初日記

Posted on 11 1月 2019 by ピース・メーカー

初日記インクの玉をおとしけり 浦野鷗城

角川俳句歳時記・新

鍵付日記帳を始めて見た
泊まりに来た妹の友達が
キキとララのカヴァーの
鍵付日記帳を書いていて

日記は書きたくなかった
でも鍵付日記帳が欲しい
日記帳だからではなくて
鍵付ノートだったからさ

鍵付ノートに何を書こう
人に知られたくない秘密
人に知られたくない感情
人に知られたくない野望

そんな持ち合わせは無い
僕は読書ノートを書いた
鍵をかける必要など無く
鍵も金具も邪魔なだけだ

やがて鍵をみんな失くし
タブを鋏でちょん切って
鍵付ノートは失くなった
この話はこれで終しまい

思慕

Comments (0)

Tags: , , ,

Note of the note p.9 正岡子規「仰臥漫録」―ライフログの壮絶

Posted on 27 10月 2018 by ピース・メーカー

はじめに

Note of the note -ノートの調べ」 と題した不定期シリーズ。
このシリーズでは、著名人のノート、手稿、手帳、日記などを紹介し、そこに込められた作法と思いを検証していく。
第9回目は、正岡子規さんのライフログ、『仰臥漫録』に向き合ってみる。

出典

図版00
仰臥漫録 岩波文庫

『仰臥漫録』の状況

まず、このライフログがどのような状況下で綴られたのかを、同書巻末の阿部昭さんの解説から引用する。

『仰臥漫録』の筆を起した明治三十四年(1901年)、子規は三十五歳、すでにその肺は左右ともに大半空洞となっていて、医師の目にも生存自体が奇蹟とされていたという。翌三十五年、病勢はいよいよ募り、春以降は麻痺剤を用い、九月初旬足の甲に水腫を見、同月十九日未明遂に絶命する。「仰臥」とは、俯すことが出来ぬので文字通り仰むけのまま、半紙を綴じたものに毛筆で記したのである。(p.191)

私がこれを、ライフログと呼ぶのは、動かせぬ体と激痛の最中、病床六尺を一歩も出ることなく、ある種の貪欲さをもってこれを書き継ぐ「文章人」の気魄に飲み込まれぬためである。
写生俳句、写生文を提唱し、文明開化後のあらゆる「文」の改革を自らの使命とした正岡子規さんが、自らをも、写生し尽くそうとする態度を、憐憫や英雄視などで歪めぬためである。
それにはただ、向き合うしかない。その命までをも写生する唯一無二なるライフログとして。

健啖と後悔と

淡々と献立を記すというのは、円谷幸吉さんの遺書にとどめを刺すが、『仰臥漫録』においても、日々の克明なる献立の記述と、食いすぎた後の煩悶。また食えなかった時の苛立ちが腹に染みる。

図版25(下記引用とは別頁)

朝 粥四椀、はぜの佃煮、梅干し(砂糖つけ)
昼 粥四椀、鰹のさしみ一人前、南瓜一皿、佃煮
夕 奈良茶飯四椀、なまり節(煮て少し生にても)、茄子一皿
この頃食ひ過ぎて食後いつも吐きかへす
二時過牛乳一合ココア交て
煎餅菓子パンなど十個ばかり
昼飯後梨二つ
夕飯後梨一つ
服薬はクレオソート昼飯晩飯後各三粒(二号カフセル)
水薬 健胃剤
今日夕方大食のためにや例の左下腹痛くてたまらず、暫くにして屁出で筋ゆるむ (pp.11-12)

何たる食欲。門下生夏目漱石さんも、ジャムなど食べ過ぎて胃をいぢめいたが、子規さんにも驚かされる。そしてこの健啖ぶりは、衰えることがない。
食らうのは体である。病とは体の病である。「私」とは徹頭徹尾「体」であった。そんな体に囚われながら、子規さんは「六尺では広すぎる(『病床六尺』より)」と言い、句作を続ける。

病床の景色

とにかく、動くことができない。仰向けに寝ているだけ。聞こえるもの、来客、家族との会話、お土産もの、そして庭から映る様々のこと。

図版31

病床所見
臥して見る秋海棠の木末かな
秋海棠朝顔の花は飽き易き
秋海棠に向ける病の寝床かな(p.30)

動けないから、句が読めない、などとはいわない。しかも写生俳句である。
以前私は『異邦人』の主人公ムルソーが、第二章において牢獄にとらわれている間にすっかり凡人となり下がることが残念で、「彼は写生俳句を作るべきであった」と思った。それはブーメランのように、自分に跳ね返ってくる。

図版87
病室前の糸瓜棚 臥して見る所(p.87)

図版34

此蛙の置物は前日安民のくれたるものにて安民自ら鋳たる也
無花果に手足生えたと御覧(ごろう)ぜよ
蛙鳴蝉噪彼も一時と蚯蚓鳴く (p.34)

俳句の俳諧性。これは世の中に滑稽さを感ずることだと思う。端的にいえば、己を去って、面白がる姿勢だ。ここに「皮肉や、冷笑」などは一欠けらもない。それは俳句を、いや文を、そして自らを濁らせるものだ。
お土産の蛙を手にとり、ためつすがめつするところは、夏目漱石さんの『門』で、宗助が起き上がり小法師で遊んでいる場面を髣髴させる。

則天去私から則私則天。そして則私去私へ

図版99

前日来痛かりし腸骨下の痛みいよいよ烈しく堪られず、この日繃帯とりかへのとき号泣多時、いふ腐敗したる部分の皮がガーゼに附着したるなりと
背の下の穴も痛みあり 体をどちらへ向けても痛くてたまらず
この日風雨 夕顔一、干瓢二落つ(pp.98-99)

この状態で、なお風物を気に留め、描きうる胆力に言葉もない。だが、こうして文や、俳句にしようとするとき、現実の惨状は、対象となり句材となる。そのとき、「私」は「天」の方へ少し離れる。このわずかの距離に文人は最大の愉悦を覚える。

図版107

(前略)さあ静かになった この家には余人一人となったのである。余は左向きに寝たまま前の硯箱を見ると四、五本の禿筆一本の験温器の外に二寸ばかりの鈍い小刀と二寸ばかりの千枚通しの錐とはしかも筆の上にあらはれている さなくとも時々起らうとする自殺熱はむらむらと起こって来た(後略)(p.105)

この時は、恐ろしさ(死ぬことよりも苦しむこと。死損なうこと、刃物そのものの)に煩悶し、しゃくりあげて泣き出していると、母が帰宅して、実行にいたらない。そして、小刀と千枚通しの絵を描き残すのである。

作品と私生活とに距離のない時代だった。私小説とは、作家の生活そのものとして発表された。そんな中で、「写生文」は、「心境描写」を徹底的に排除することにより、私と作家との間に空隙を確保した。その空隙に「天(普遍)」が入る余地をもたらした。

「日記」ではない。「写生日記」である。ライフーログとは、まさに事実をそのまま記録する姿勢である。記録者であることはつまり、自らを自らという観測器の技師の地位におくことに他ならない。

われらなくなり候とも葬式の広告など無用に候 家も町も狭き故二、三十人もつめかけ候はば柩の動きもとれまじく候
何派の葬式をなすとも柩の前にて弔辞伝記の類読み上候事無用に候
戒名といふもの用ゐ候事無用に候 かつて古人の年表など作り候時狭き紙面にいろいろ書き並べ候にあたり 戒名といふもの長たらしくて書込に困り申候 戒名などはなくもがなと存候
自然石の石碑はいやな事に候
柩の前にて通夜すること無用に候 通夜するとも代りあひて可致候
柩の前にて空涙は無用に候 談笑平生の如くあるべく候(pp.113-114)

「私」と「天」との間には、不透明で重たい「体」が存在する。「体」を離れて「私」はなく、「体」に囚われていては「天」には至らない。「私」は「体」に癒着し「体」を抜け出ようとする抵抗の中にのみ「天」を感じることができる。写生論が唯物主義であるのは決して、「体」を無視することができないからである。ライフログとは、「体」の記録でなければならない。

さいごに

『病床六尺』の最後の回の載った翌九月十八日、覚悟の子規は妹律らにたすけられて辛うじて筆を持ち、画板に貼った唐紙に辞世の句を書付けた。「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」。痰を切り、ひと息いれて、「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」。また一休みして、「をとゝいのへちまの水もとらざりき」。そこで、筆を投げた。穂先がシーツをわずかに汚した。そしてその日のうちに昏睡におちいった子規は、越えて十九日の午前一時に、息を引き取る。三十六歳。いまふうに数えて、三十五歳になる直前であった。
(『病床六尺』解説 上田三四二 p.193 岩波文庫)

図版7
明治三十四年九月二日 雨 蒸暑し

銘記すべきノートである。

Comments (0)

Tags: , , , ,

読む側から「かきね」を越える

Posted on 20 3月 2016 by neokix

EOS 50D_IMG_5773_2016_03_01

※写真は特に投稿とは関係ありませんYO!

人の日記を見ることができる職業があります…と言ったら,びっくりされますか?

外国語学習の方法っていろいろあるのですが,どれかが普遍的に一番いいっていうのは難しくて,結局自らが好きな方法で続けていくのがいいようです.その中でも,英語学習で「ジャーナル」をつけることは,いろいろな効果があると言われています.日々アウトプットして下手になるわけがありませんものね.海外のESL(English as a Second Language/第二言語としての英語)の学校なんかだと,ジャーナルを書かされることがあります.(ご興味があればこちらをご参照.)

私は日本語を外国人に教える仕事をしているのですが,困るのは「ジャーナルを書いたので,チェックしてください」と言われること

もちろん,「日記」ではなく,「ジャーナル」と呼ばれている限りは,非パーソナルなものを想像してしまうのですが,その中にはわりかしパーソナルなものも混じっていまして.それをチェックするというのは,なかなか複雑な気持ちになるのです.

だって,人の日記って見られないものですよね.普通.

チェックするというのは,もちろん文法などを訂正する,という意味で,内容を訂正する,というわけではありません.それでも,いいのかな?大丈夫かな?なんだろうこの背徳感.そういうことを思いながら,チェックしていくことになります.それは,私を,個人的な,極めてパーソナルな生活を覗き見しているような気持ちにさせます.コメントをするのにも躊躇してしまう.

でも同時に,すごく親しい気持ちにもなってくる.好きなこととか,困ったこととか,そういうこともわかってくる.なんだかそういう複雑な気持ちで,チェックしていくことになるわけです.

学習者とはできるだけフランクに,垣根なく接したい.だから,読み手の私は「かきね」を越えてジャーナルをチェックしなければならない.しかし,そこにはやはりまだ「かきね」があるのです.そして,その「かきね」を越えるのは難しい.頭のなかの何処かで,警鐘が鳴っているのです.

「ガンガンガン!あなたは!今!他の人の日記を読んでるのよ!」

というように.

 

学習の証であるA7サイズのノートブックを手に取りながらじっと見つめても,答えは出そうにありません.それは,つねに私のスタンスを揺さぶり続けています.

 

Comments (2)

Tags: ,

子供の成長記録(父親編)

Posted on 30 4月 2015 by ヤス

今日は全国のnotebooker(+読者)であり父親(+予定)の男性に向けて。

みなさん!子供の成長記録を書いてみませんか?

1日数分であなたもイクメンです!!

 

では、早速紹介させてもらいます。

子供が生まれて1ヶ月が経った頃、日々変化が起こる娘をみて

ふと「小さな成長を忘れず記録したい」という思いから、自分のライフログも兼ねて

高級ノートブックの上位である、moleskineをはじめて購入しました。

高価なノートにしたのは、三日坊主の自分へ戒めとし「勿体無さ」を武器に継続させるためです。

 

1日1ページという課題胸に秘め、記録開始です。

実際始めた頃はスペースいっぱいに愛娘の記録をガシガシ書いていました。

文才がないことを自覚しているので、イラストや写真を印刷したものをペタペタ。

おもったより簡単に1ページが簡単に埋まっていきました。

実際には1週間まとめて書くこともありますが、それでも実際にかかる時間は1時間程度でしょうか。

 

「ノートに書く!」という事で、より細かな成長を発見しようと子育てに参加したり、

なるべく楽しい事を書くため、子育てに楽しみを感じることができます。

また、棚から牡丹餅効果で、子供の成長記録をつける旦那さんは評判UP間違いなし!!

まぁ書いている暇があったら家事をして!というコメントは今回は聞こえないフリをさせてください。

 

IMG_2624

すでにmoleskineは8冊目(約1600ページ)に渡る記録となっていますが、

今では娘が自分の小さい頃に興味を持ち、棚から引っ張り出して見ています。

1ページ1ページ絵本をみるようにめくって読もうとする娘をみると、書いてよかったと思えます。

 

まさか自分もこんなに続くと思っていなかった日記ですが、

この記事を読んで、共感してくれた人がいれば、ぜひ実施してみてください。

今度は具体的な内容を記事にしたいと思います。

では、また。

 

 

 

Comments (0)

Tags: , , ,

「貴方の日記は誰の心に響きますか?」

Posted on 14 2月 2012 by 夏月 さくら

「貴方の日記は誰の心に響きますか?」

そう、貴方がこの世からいなくなった時に…。
誰の心に貴方は残りたいですか?

私が日記を書くようになったのは祖父の影響です。
祖父は、昔から広告のチラシの裏やカレンダーの裏を集めてはカットして冊子として作って日記を書いてました。
達筆で、力強い字でした。

家族の前では、けして日記は書かなかったのですが、私と2人の時は冊子を持って来て、その日思った事を書いてました。
使い終わったら、また冊子作りをしてそれに書く繰り返しでした。
私も内容は見たこと無かったです。
日記を書いてるのは知っていても。

いつ頃から、私も祖父のですが、真似がしたくなり母に言った事がありました。
そしたら、その事を祖父が母から聞いたらしく、一緒にノートを買いに行く事になりました。
でも、私はノートでなくビニール製のリングタイプの手帳の向日葵に心を奪われて、手に取ってました。
祖父は、何も言わずに買ってくれました。

その時に祖父に
「何でもいいから書く事。
書けなかったら無理して書かなくていいんだよ」
と言われました。

そして、スケジュールもない中学二年生後半から私の日記生活がはじまりました。ウィークリーでしたから、内容はあまり意味のない物ばかり。
読んだ本とか美術部だったから、作品展の構想内容とかです。

私に日記を書く楽しみを教えてくれた祖父の日記を一度だけ読んだ事があります。

数年前です、、、、
そう、祖父のお葬式が終わって実家で父と母が残念そうに言っていた事がきっかけで。
「お父さん(祖父)の日記を一緒天国まで持って行って貰いたかった。
誰にも見せなかったから、お父さんも残して行く事を後悔してるかもしれない」
私は、朝方に祖父が亡くなった知らせを受けて、飛んで実家に帰りお通夜、お葬式会場へ向かったので、祖父の遺品とか何も知らなかったんです。

その父と母の話を聞いて、ふらふらと祖父達の部屋に行き、ベットでゴロゴロしてから…ふと誰かに呼ばれたような気がして、ベットの枕元の上の棚の隙間を見たら、祖父の日記がありました。

そこには、父が心筋梗塞で倒れる数日前からの日記が書いてありました。

心筋梗塞で倒れ日は、祖父が自営業のお店に行ったら父が倒れていたのは、母から聞いてました。
その時は、母はパートで家にはいなくて、祖父が救急車を読んで病院まで運んだそうです。

その日の日記に。

「親より先に行くなんて事があったら許さん」
と震える字で書いてありました。
それから、しばらく母への気遣いの内容や父の容体が書いてありました。

手術の日に、、、
「神様、どうか息子を助けてください
私が身代わりになっても
息子だけは、、、、」
と力強い字でした。

手術が終わった事や、安心した内容も書いてありました。

そして、、、、、

「もう つかれてしまった」

と、父が退院する前日の日記に書いてありました。

父の退院をこころ待ちにしていた祖父は、病院からかけた母の電話を聞いて安心して、実家で待っていたのですが、、、、
母と父が祖父の離れの部屋に行っても誰もいなく、母屋の玄関を開けたら玄関手前の廊下で祖父が倒れてました。

すぐさま、病院に運んだら祖父は心筋梗塞で倒れていたのです。

祖父は、病院ではいつも楽しみの日記を書こうともせず、食事も口の前に指でバツを作って食べようともしなかったそうです。

そう、日記に書いてあった通りに父の身代わりになる事を望んでいたからだと亡くなった後に思いました。
家族で、誰よりも自分の意思を守りつらぬいて生きていた祖父だからこそ。

それとも、戦争で親友や友達が亡くなって自分だけ持病で生き残った事を後悔していたかもしれないです。
ただひとりで。

祖父の部屋の全てを捜しても、昔から書き溜めていた日記は見つからなかったです。

ただ見つかったのは、途中で書かれなくなった日記のみでした。

もしかしたら、祖父は戦争で亡くなった友や知り合いに向けて日記を書いては、こっそりと燃やして空に向かって今の自分の報告をしていたかもしれません。

でも、真実は祖父しか今となってはわかりません。

貴方の書いてる日記は、誰かへのメッセージですか?

20120214-225046.jpg

Comments (14)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ