遅れましたが自己紹介!

Posted on 10 2月 2012 by

はじめまして。

コノミーと申しますm(_ _)m

ツイッターのアカウントは@m_konomiです。

 

Notebookersのサイトが始まってからもうすぐ1ヶ月経つというのに、

もじもじ投稿をためらっていた弱虫毛虫の26歳女子です(´ω`*;)ゞ へへへ

皆様のクオリティーの高いノートや投稿内容を見て思わず尻込みしてしまいました^^;

 

趣味は音楽を聴くこと。
(もちろんそれだけじゃないですが、今日はそれだけに触れてお話します)

とは言ってもジャズやクラシック等の高尚なものではなく^^;

ごくごく大衆的なJPOPです。

しかもすごくミーハーで、好きな歌手はさまざま。

 

iPhoneの中で再生回数の多い歌手は

KinKi Kids、GLAY、RAG FAIR、さだまさし、JUDY AND MARY、
福山雅治、Mr.Children、BUMP OF CHICKEN、ゆず、ZARD…

この辺りでしょうか。

 

もっとマイナーな歌手の名前を挙げて

コアな音楽ファンをアピールできたらかっこいいのかもしれませんが

マイナーな歌手は恥ずかしながらあまり知らないので…(´ω`*;)ゞ

もしよろしければ皆さんのオススメのアーティストさんがいれば教えて下さい!

 

 

話がちょっと逸れましたが、思えば、

そんな「JPOPが好き」「歌詞が好き」という気持ちから、

ノートブックとの付き合いが始まっている気がします。

私が「ノートブック」と呼べるものの中で一番古いのはこれ。

14歳の頃からの付き合いです。今はご無沙汰してますが^^;

大好きなJPOPの歌手や曲の歌詞を書き留めたものです。

 

ツ●ヤ等からレンタルしたCDの歌詞をせっせとルーズリーフに書きとめて、

このようにまとめていたのでした。

当時は「歌詞カードのコピー代をケチる」という目的のもとやっていたのですが。 ←

 

 

でも実際に書き写していると、尊敬する大好きな歌手さん達の言葉を

まるで“写経”させて頂くような気分になるのです。

 

歌詞を書き写すほど、アーティストさん達の言葉やエッセンス(?)が

自分の世界の中に染み込んでいく感じがして。

書き写したルーズリーフが増えれば増えるほど、

自分の世界が広がっていくように思えて。

コピーするよりも書き写す方が、私自身の“味”が出るような気がして。

 

今読み返してみると、中学・高校時代の私の心を支えてくれていただけではなく、

今の私の感性や私の中に広がる“世界”の礎となっているのだなぁと思います。

 

時にはこんな風にイラストを描き加えたりも。

 

 

それにしても、ノートブックはつくづく楽しいものですね!

書き重ねたノートブックを見直す…この繰り返しによって、

自分の世界を広げたり確かめたりすることが出来るところが面白い。

自分の世界を確かめることによってまた新たなことに気づいて、

そこからさらに世界が広がることもある!

私もこの記事を書きながら歌詞ノートを見直して、

改めて自分の世界を見直した気がします。

原点回帰のために、またルーズリーフ買ってこようかな!

 

 

そして、皆さんのノートに描かれた各々の世界を垣間見させて頂いて、

参考にしたり刺激をもらったりしながら

自分の世界を広げていけたらなと思います。

こんな私ですがどうぞよろしくです!m(_ _)m

Comments (2)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ