Categorized | Art, テキトー, 工作

散文・2

Posted on 13 3月 2012 by

お久しぶりです。はんこ野郎のエダユウヤです。

なんだかんだで約1ヵ月ぶりの投稿になります。

できることならばもう少し投稿ペースを上げたいところですが、今はこれが精一杯(←ここは【カリオストロの城】でルパンが幽閉されているクラリスの元に辿り着いて彼女の笑顔を引き出そうとするシーンの雰囲気でお願いします)。

さて、今回のオイラの散文です。

一応、連作といいますか、一つの散文をいくつかに分けて紹介しております。

一気に書けよ! とのご指摘も聞こえてきそうなマゴマゴしたやり方ですが、平にご容赦(^^;)

アルファベットを日本語に直すと、

【屈折した月の光、無造作に降り注ぎ、暗闇はさらに硬質なものになっていった】

となります。

前回のと合わせても撮ってみました。

まだモレスキンには張っていません。

全ページが出来上がった時に一気に読めるようにしようと思ってまして。

はたしてそれがいつになるかは…う~ん、なるべく早く完成するように努力します(^^;)

それでは今回はこのへんで、どっとはらい。

Name:
Profile: 1981年生まれ。北海道産まれの北海道育ち、生粋の道産子。 約10年勤めていた雑誌編集社を卒業し、札幌で在宅のシナリオライター業を営む傍らススキノの小さなBARでユルーく接客中。趣味は映画、音楽、詩、写真、漫画などを広く浅く。 制作時に欠かせないのは音楽と酒。ブルース、ロック、マヌーシュ、フォルクローレ、ケルト、昭和歌謡など雑多に聴きます。愛飲している酒はジャック・ダニエルズ、ボウモア、タリスカーなど主に茶色いやつを。 ツイッターでもそのまんま【エダユウヤ】で登録しているので、よかったらどうぞ(^^)

Photos from our Flickr stream

See all photos

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ