Categorized | Eat & Drink

玄関開けたら30分でいただきます

Posted on 15 10月 2013 by

ご飯の早準備に、勝手にチャレンジしています。こめですこんばんは。
今回の記事をご覧になるタイミングによっては、目に毒かもしれません、調理過程など書いているので…夜を徹しての作業中などには決してお勧めしないことを、始めに申し上げておきます。

今晩のチャレンジ内容

20:58
帰宅
鍋を出す。
卓上コンロを出す。

21:00
冷蔵庫のしめじ、椎茸、大根、人参、豚しゃぶ用肉、生シャケ(50%オフ)を取り出す。
鍋のセッティングを依頼。

21:05
鍋にだしパックを入れる。水を入れる。
具材を一気に切り始める。
台所のコンロで鍋の中身を沸騰させる。
ご飯をレンジで温める。
サイドメニューの餃子(昨日ラーメン屋で購入)をレンジで温める。
ご飯を茶碗に入れる。
その他全ての具材および鍋奉行セット(おたま3兄弟と菜箸、その入れ物の皿)をセッティング。
飲み物を入れる。(本日はカルピスウォーター)

21:20
温めた鍋を再びセッティングしてある卓上コンロに入れる。
鍋キックオフ

なべ

本日のメニューは、
だし汁による豚しゃぶと、鮭と根菜の鍋。市販餃子を添えて。

下準備はいっさいしていなかったので、帰り道ずっと段取りを考えておりました。無事30分以内に食事を開始できて良かった。もう相当おなかも空いていたし(時間も時間なので)。

さっさと準備した割には、それなりに美味しかったです。しっかりお腹いっぱいになりました。

では、今回の気付いたポイントを…

  • しゃぶしゃぶは意外と早く終る。
  • 人参や大根は、厚めに切ってしまうと、火が通るのに時間がかかる…のはもっともなのだが、タイミングによっては肉類が終ってから、ひたすら野菜を食べることになるので注意。
  • 鍋は熱い。
  • 鍋のとき特有の、謎のいくらでも食べられちゃう感は危険。

調理上以外のポイントもありますが、それはそれで…。

初級者の時短成長過程と思い、生暖かく見守っていただければ幸いです。
もし、同レベルかなあ、という方いましたら、お互い頑張って行きましょう。

Name:
Profile: 千葉県在住のピーナッツ娘です。 日々地味な仕事で色々なものを支えています。 今までの楽しいことも、これからの願い事も、ノートに詰め込みすぎて少しパンク気味。 若干浮遊する程度の幸せを意識したい。気持ちは帰宅部。 ライフワーク→声楽、趣味→写真撮影(NikonFが好き、iPhoneも好き) メインノートはモレスキン。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ