モレクラフト部【バレンタインVr.】レポート

Posted on 01 2月 2012 by

様、いかがおすごしでしょうか。
女性ノートブッカーはバレンタインチョコの準備はいかがでしょう。
そして男性ノートブッカーは、チョコをくれた女性へのお礼のキメ言葉は、もうカンペキでしょうか。

えー。
1月28日(土)第2回モレクラフト部【バレンタインVr.】レポートです。
(副題:現在、お題に上がっている『バレンタインデーキッス』)

モレクラフト部 とは、何かとゆーと、『モレスキンを使って工作をしよう』な集まりです。
工作、イメージとしては、小学校3年生くらいの男の子がパパにちょっとイイ感じのノートブックをもらったので、「うっひょーい!」と喜んで描いたり貼ったりして作っている。そんなカンジ。
そのノリでモレスキンミーティングをしよう!という企画です。
第一回目は12月に、クリスマスVr.で開催しました。

午前の部と午後の部に分かれてまして。
午前の部
参加者:ゆい @yui_tangerine さん ちあき @chiaquizas さん
そしてワタシ せら @Treasure_Table

まずはごはん食べたり、お茶したり、コラージュノートブック見せてもらったりしつつ。
カンタンに作り方の説明をして制作にかかりました。
できたのがこんなカンジ↓
午前の部の参加者さんたちの作品

ゆいさんのポップアップ

ゆいさんの作 ハートがイイ感じにリボンに♪ 左側にお菓子素材が

ちあきさん作

ちあきさん作 お化けの歌でポップアップ〜

no photo

せら作は人様にお送りするものなので秘密。

えー。
時間配分には気をつけていたつもりなんですが、この『つもり』というのはクセ者で、気がつくと午後の部が始まる2時過ぎでした。
本当にオフ会関係の楽しい時間は、あっ と言う間に過ぎます…
ダッシュで待ち合わせ場所まで行って、午後の部の皆様に平謝りしました。

ゆいさんは午後からは某所へ飛行機を撮りに行く(『某所』としたイミがない)、ということで、ここで離脱されました。

午後の部スタートです。
参加者:ゆんこ @yunko_box さん みなと @minato_nozomu さん
ゆり @yurippyonn さん neko @nekoecho_ さん
S嬢(ツイッターはされていないそうです)
午前から引き続き ちあきさん せら そして、+オブザーバーとしてもうお一方
(nekoさんとS嬢は、モレスキンユーザーではなく、ゆりさんのご紹介で来て下さったお二人)

モレスキンユーザーのオフ会、モレスキンミーティングであれば、こんな話が出たよ、とか、こんなノートブックを見せてもらったよ、とか話題があるんですが。
クラフト部、ただひたすら顔を伏せてオノレのノートブック or カードに集中してモノを作る!
ワタシはひたすら、「わ、わかります?」「こ、こんなワックスペーパーもありますよ」とか、クラフト部として、これは正しい状態なんですが、何をして盛り上げればいいんだと思っていたら。

「パパキター!!」

関西のみならず、札幌、関東、関西モレスキナーたちの父、いずパパ @izupapa0211 さんが来られました。
聞くと、しばらく前から来ていて、少し離れた席でお茶しつつ、わたしたちを見守っていて下さっていたそうです。
えー、パパさん手作りのDAISKINE XSサイズのノートブックと、ゆんこさんへYUNKOSKINEをお土産に持って来て頂きました♪ パパさんありがとうございます!
ココでいいカンジに盛り上がりまして、重ねてありがとうございます。
(ホントにどうしようかと思っていたの)
(お礼に、バレンタインにアニーから議長へのアイのカードを作りますね!)

#午後の部の参加者さんたちの作品

ladyS

S嬢作。左下に封筒!何入れる?

minatosan

みなとさん作。横に長いのでハートの形がきれいに見える〜

nekosan

nekoさん作。リボンがきれいにハートの形に〜

yunkosan

ゆんこさん作。いかにも鳥がいたずらしてリボンひっぱってるカンジ。

yurisan

ゆりさん作。「どうやって使おう〜」と迷っていた楽譜はこんなカンジに。

chiakisan2

ちあきさんの2作目。おばけ〜、そして星が流れる〜

#工作&コラージュ的新発見ポイントとして
・レシピカードを素材にする。ポチ袋を貼る。これはS嬢のアイディア。
ポチ袋を貼る!これすごくイイ!!
何かメッセージやお茶のパックや薄ぺったいお菓子とか入れてもいいかも!
・ちあきさんの2つ目、ひょろろん、としたポップアップ部分がお化けにぴったり!!
端と端の工夫、なんだけど、こういうのって想像力だと思う。
ハロウィンの時期に、も一回同じの作る?
・みなとさんのモレスキンリポーター、横長なのでハートの大小がきれいに見える。
こういう形のカードは少ないから今度作ってみたいなあ。

#以下、面白かったこと、考えたことなどなどなど
◎nekoさんだったかS嬢が「消しゴムありますかー」と聞いて。
ちあきさんが、消しゴムを差し出しながら「必要なものがあったら何でも聞いてみて下さい。文具関係なら、絶対誰かが持ってますから」と。

コレが本当にね、絶対誰かが持ってる んです。

例えば「筆と墨持ってますかー?」と聞いたら「ミニサイズだけどいい?」って、誰かがきっと出す。絶対持っている。モレスキナーとはそういうヤツらだ。
(ちなみにその後、ちあきさんが「カッターマットあります?」と聞いて、「あるよ」と出したのはワタシだ)

◎個人的にすごく嬉しかったのが、カフェを出る前に、ゆりさんとちあきさんがノートブックを交換して書いていたこと。ワタシはちあきさんの隣に座っていたんですが、ちあきさんがゆりさんの五線譜モレスキンに何かメッセージを書いていて…。このおふたりは五線譜モレスキンユーザーで、音楽という共通項があるのです。この日、おふたりは初めて会ったのですが…何だかすごく嬉しかった♪ クラフト部を開いて良かったー。

◎この日、ゆんこさんがコサージュを持って来ていて、見せてもらいました。
コラージュ作家の詠 (@whatgoaround) さんが、去年、札幌のカフェサーハービーで開催した個展で、メイン展示の壁画に使われていた飾り、そのコサージュだそうです。
みんなして「すごーい!」「本物ー!」「あの壁画の花かー」と触りまくっていました。
写真はコチラ、詠さんのブログ > http://ameblo.jp/grenierlab/entry-11046419721.html

◎ゆいさんのコラージュノートブックを見せてもらったんですが、お菓子や飛行機の素材がいっぱいで、本当に「ゆいさんが作った作品」というカンジで。
明るい色がいっぱいで、ひとつひとつの素材も可愛くて、本当にゆいさんのひととなりそのものというコラージュでした。皆様、機会があればぜひ見せてもらって下さい♪

◎前回も思ったんですが、同じテーマで作っても、10人いれば10人、それぞれ違うものが出来る。
これは本当に面白い。
同じ紙から作った同じ色、形の素材だけど、そのひとの手に渡った時から、そのひとの作品、モノ、『そのひとだけが作れるもの』になる。すごいなあ。
本当に「真っ白なノートブックに『何か』を書いていく、描いていくひとたち」なんだ Notebookers。

◎How many miles to Notebookers.jp?
「Notebookers.jpまで何マイル?」だけど、多分、Notebookers.jpがゴールじゃない。
その行程そのものがNotebookers.jpで、notebookersが歩く道なんだけど、その一歩、二歩くらい?でも、このクラフト部で共有できたら嬉しいな、と。嬉しいな。

そしてこの後、有志により、梅田キディランドへ『鷹の爪団』の鳥居を見学に。
この『鷹の爪団』、ゆりさんもファンだそうで、ムック本が出ているとか、
HISと『鷹の爪団』のコラボで、ハワイへ行くための言い訳アプリがある、とか、
興味のある方へ、詳細はコチラとか、>http://www.his-j.com/kix/hawaii/
ご飯を食べながらひたすら映画と音楽の話をしていたとか、
マイケル・ベイカントクが破壊大魔王だとか、
せらが Aデュマの三銃士、原作が好き過ぎるとか、
パパさんのイヤフォンの性能の良さに一同驚き!(ものすごく音が立体的に聴こえる!!)とか、
5人でごはんを食べに行ったんですが、そのうち3人が真剣を持ったことがある、とか
本当に話題としてはいっぱいあるんですが。

参加して下さった皆様へ。
不手際もたくさんありましたが、楽しんで頂けたようで本当に嬉しいです。
モノを作る、楽しい、そういった時間を共有できて、おひとりおひとりにありがとうございます。

そしてこの長々した文章を読んでくださった方へ。
少しでも雰囲気が伝わればいいなーと。
次回はぜひご参加下さいませ。お会いできるのを楽しみにしています。
読んで頂いてありがとうございます。

感謝。

Name:
Profile: あなたと一緒に歩く時は、ぼくはいつもボタンに花をつけているような感じがします。

Photos from our Flickr stream

See all photos

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ