Categorized | Book

TOKYO STYLE タカヤ・モレカウ

Posted on 16 7月 2005 by

e0d6e7eb.jpg

本日は、僕が長年愛読している写真集の紹介。
基本的に写真集なんてマンガといっしょで、一度読んじゃうともう見ることなんてしばらく無いだろうなぁと普段から考えていたんだけど、この「TokyoStyle」といった写真集は何度でも何回でも読み返してしまう不思議な本だ。
どういった内容なのかというと、そこには普通に東京で暮らしている人たちの普通の部屋の写真がフルカラーでたくさん掲載されているだけ。そこにはまったくもってカッコ良いインテリアなんてないし、ただ単に片付いてもいない部屋が列挙されている。もうこれが何回読んでも本当に楽しいのだ。
そこに暮らしている人たちを想像したり(男の人か女の人かとか外国人なのか同棲しているのか)とか考えてそこに住んでいる人の生活をシミュレーションしながら読むとこの上ない。想像力を刺激される絵本としてよくトイレの中で夢中になっている。
本来はこの本は、海外への輸出向けとして出版されたとのことが書いてあった。確かにこの和洋折衷折なす僕らの部屋や生活は、海外で日本に対して特別なイメージを抱いている人たちに初公開するすばらしい試みだったんではないかなと思う。
座して半畳、寝て一畳。結局のところ、最低限の装備で自分は構わないなぁなんてふとこの本を眺めながら思うのでした。建築家ル・コルビジェも結局のところ晩年の生涯を奥さんと小屋で生活してたしね(カップ・マルタンの休暇小屋と検索すると出てくるかも)。うん、やっぱホウゲジャクですよ。

同じ著者で下記もあります。こちらもオススメ。部屋の写真といっしょに住んでる女の人がスッポンポンで写ってたりします。

賃貸宇宙―UNIVERSE for RENT

Name:
Profile: Notebookers.jpの管理人。Twitter: @blanq  狩猟者でヒッピー。通称: 「モレカウ」。240人ちょいのライターによるノートブックユーザーのサイト (link: http://Notebookers.jp) Notebookers.jp 管理人。モレスキンについてたぶん世界一つぶやいた男。著作:ダイヤモンド社『モレスキン 人生を入れる61の使い方』。世界の果てと地平線をこよなく愛してる。「俺も好きにするから君も好きにしなさい」という感じで生きています。愛読書はリチャード・バックの「イリュージョン」と「カモメのジョナサン」、ヴェルヌの「海底二万里」。永遠のヒーローはAndy Warhol

Photos from our Flickr stream

See all photos

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ